「ハードでいい作品だよ~」という評判を聞いて、
「マイ・ボディガード」を観てきました。
これは◎作品でしたね。いいっすよ。

マイ・ボディガード (2004年 / アメリカ)

mybodyguard.jpg

写真クリックで公式サイトへ

監督 :トニー・スコット
脚本 :ブライアン・ヘルゲランド
出演 :
デンゼル・ワシントン
ダコタ・ファニング
クリストファー・ウォーケン
ラダ・ミッチェル
ジャンカルロ・ジャンニーニ
ミッキー・ローク

(あらすじ goo映画 )
対テロ部隊で暗殺任務に明け暮れた過去に苛まれ、酒浸りの日々をおくるジョン・クリーシー。メキシコに住む友人を訪ねたクリーシーは、実業家の一人娘ピタのボディガードの仕事を紹介される。昨今メキシコシティでは身代金目的の誘拐事件が多発。危険な任務には打ってつけのクリーシーだが、無邪気な少女の相手をするのは苦痛だった。送り迎えの車中であれこれ質問するピタに「僕の仕事は友達になることじゃない」と冷たく言い放つクリーシー。だがけがれのないピタの笑顔は、クリーシーの傷ついた心を少しずつ癒していく…。

シチュエーション的に「レオン」と比べてある評が多いけれど、こちらの方がよりハード。

状況説明もきっちりしているし、敵役が手を抜いていない。
ヒリヒリするような「殺るか、殺られるか」の世界を
丹念に描いている。

そういった部分がしっかりしてるから、
少女とのちょっとしたやりとりがより切実で
納得できるものになってるというか。
ダコタ・ファニングもデンゼル・ワシントンもさすがにうまいですねぇ。

ラストまで容赦なく。
重い作品でしたが、見ごたえありました~。
これは◎。







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:16 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1175/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. 映画「マイ・ボディガード」

      救いがあるのならばそれは子供の素敵な笑顔—。前半のボディガードとの役割と子供

      トラックバック by RAKUGAKI — 2005/1/7 金曜日 @ 23:51

    2. マイ・ボディーガード 1本目

      KAZZのこの映画の評価

      グラシアス!デンゼル、最高今年最初1本目は、デンゼル・ワシントン主演”マイ・ボディーガード”を見てきました

      音楽と映像が、…

      トラックバック by (売れないシナリオライター)KAZZの呟き! — 2005/1/8 土曜日 @ 18:44

    3. マイ・ボディガード

       おいおい、こんな映画だったのか・・・知らずに観てる女性客の中には「ヒーッ!」と悲鳴をあげてる人さえいるのに・・・もっと「復讐劇」「R15」ということを宣伝しな…

      トラックバック by ネタバレ映画館 — 2005/1/8 土曜日 @ 19:12

    4. 脚本レビュー「マイ・ボディガード」

      「マイ・ボディガード」の
      映画化の話は02年には存在していたようで、当時クリーシー役には、
      ロバート・デ・ニーロの名が挙がっていたそうです。
      原作では初老の元外…

      トラックバック by 独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板 — 2005/1/8 土曜日 @ 22:27

    5. マイ・ボディガード

      「これはメチャクチャおもしろい。想像もしていなかった衝撃の展開と結末。2時間半と長い作品だけど、一気に見せられた。」 今日は2005年元旦。映画の日です。毎年恒…

      トラックバック by 30歳独身男Kazuakiの映画日記 — 2005/1/8 土曜日 @ 23:05

    6. マイ・ボディガード★★★★+α(感想書きました)/水曜日はレデ…

      まず先に、気になったことから。2時間20分越えは正直言ってちょっと長かった。というのも、ハンディカメラが使われているのだが、無用に長いと思われるシーンがいくつか…

      トラックバック by kaoritalyたる所以 — 2005/1/8 土曜日 @ 23:30

    7. マイボディガード

      なんと感想を言えばいいのやら??
      まあよかったんだけどどういえばいいのかわかりません。今は。
      女の子可愛かった。なんか守ってあげたくなる感じで。

      トラックバック by SEVEN*STAR — 2005/1/9 日曜日 @ 3:48

    8. 映画: マイ・ボディガード

      邦題:マイ・ボディガード 原題:MAN on FIRE 監督:トニー・スコット

      トラックバック by Pocket Warmer — 2005/1/9 日曜日 @ 10:40

    9. 「マイ・ボディガード」

      「マイ・ボディガード」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。
      意図的にかどうかわからないけど、とにかく驚くほど前…

      トラックバック by るるる的雑記帳 — 2005/1/9 日曜日 @ 12:10

    10. マイ・ボディガード

      平日の午前中から見てきました。
      上映時間が長い割に、中だるみせず最後まで飽きさせないのは
      やはりデンゼル・ワシントンの演技力の賜物か。

      トラックバック by Yutalog 〜ここでおいらは放置プレイ about jazz — 2005/1/10 月曜日 @ 8:05

    11. 「マイ・ボディーガード」

      主役はオスカー俳優・デンゼル・ワシントン・・・
      まっ、そんなのはどうでもよくてぇ・・・
      ひらりんのお目当てはダコタ・ファニングちゃん。
      名子役の作品を見逃すわけにはいきません。
      原題は「MAN ON FIRE」=燃える男。
      2004年製作のアクション・サスペンス、146分もの

      あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード)
      軍隊の特殊工作員あがりのジョン・クリーシー(D.Washington)。
      何年もの間、世界各地�…

      トラックバック by ひらりん的映画ブログ — 2005/8/5 金曜日 @ 0:20

    12. マイ・ボディガード

      DVDでデンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング出演の「マイ・ボディガード」を観ました。

      ●ストーリー
      CIAの特殊工作員として、各地で暗殺を繰り返していたジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は今まで自分がしてきた事に後悔の念を持ち、酒に溺れ、CIAを除隊し、旧友のポール・レイバーン(クリストファー・ウォーケン)に会うためメキシコへやって来ていた。

      誘拐が多発するこの国、メキシコでポールのセキュリティーサービス会社は繁盛し裕福な暮らしをしていた。
      そんなポールの元へメキシコ…..

      トラックバック by Rohi-ta_site.com — 2005/8/19 金曜日 @ 2:14

    13. マイ・ボディガード

      マイ・ボディガード 通常版デンゼル・ワシントン トニー・スコット ダコタ・ファニング 松竹 2005-06-29売り上げランキング : 6,678Amazonで詳しく見る by G-Tools

      ★ストーリー★
      元CIAの特殊部隊員ジョン・クリーシー。彼はこれまで、米軍の対テロ部隊に所属して16……

      トラックバック by I Love Movie!【ホームシアター映画日記】 — 2005/12/22 木曜日 @ 13:55

    14. Man on Fire

      かつて暗殺者として世界を回っていた男、John Creasyのお話。どこまで本当の話か確かじゃないが、偶にこのような事実を基にした映画に出会うことがある。

      大抵、その人物が死んでから

      トラックバック by Kazu's CINEMA PARADISE — 2006/2/23 木曜日 @ 1:14


    コメント

    1. TBどうもありがとうございます。

      コレはイイ映画でしたよね。って、どういうイイかは
      観た人にしか解らないでしょうが、よく出来た映画だと思います。
      ただ、宣伝やTVCMと違うってのがどうも気になります。私も映画館で観た予告では、まさか自分が読んだことある作家の映画とは気付かなかったですからね。もう少し、ハードだと言うことを事前に知ってないと「レオン」を想像して観に来たらかなり違和感を感じますよね。

      ダコタ・ファニングは女優魂を持ってますね。今後も期待大ですっ!

      コメント by kaoritaly — 2005/1/8 土曜日 @ 23:29

    2. > kaoritalyさん

      どうもありがとうございます。
      いい映画でしたね。kaoritalyさんやいろんなBlogで知ったのですが
      この原作はA・J・クィネルの「燃える男」なんだそうですね。
      イタリアから舞台をメキシコに、主人公も黒人男性に変更したそうですが、
      ハードな出来でしたね。

      そうそう前宣伝で言っていた「レオンから10年」というのは、ちょっと違うと思うんですよね。「レオン」は結局「戦い」の部分のボリュームってごく少なかったですから。
      ヒューマンな部分を期待していくとけっこうショック、というか違和感があると思います。
      これはこれですごくいい作品なだけに、そのあたりは残念な部分ですね。

      ダコタ・ファニングは「アップタウン・ガールズ」や「コール」もうまいと思ってました。実はまだ「アイ・アム・サム」を観れてないんですよ。
      いい女優さんになりそうですよねー。子役のジンクスに負けるな!

      コメント by Black Pepper — 2005/1/9 日曜日 @ 17:48

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>