かなり観た人の評判がいいこの作品。
どちらかというと軽めのコメディーが観たい気分だったこともあり
観てきました。新宿武蔵野館にて。

最後の恋のはじめ方 (2005年 / アメリカ)

hitch.jpg

写真クリックで公式サイトへ

監督:アンディ・テナント
出演:
ウィル・スミス
エヴァ・メンデス
ケヴィン・ジェームズ
アンバー・ヴァレッタ
マイケル・ラパポート
アダム・アーキン

(あらすじ goo映画 )
ヒッチは、恋愛下手な人を手助けするコンサルタント。ある日、財団セレブのアレグラに恋したアルバートから依頼を受ける。何をやっても要領が悪いアルバートだが、アレグラへの想いは真剣だ。ヒッチのアドバイス通り、アレグラの注意を引いたアルバートは、彼女をデートに誘うことに成功する。一方ヒッチは、バーでゴシップ記者のサラと出会いデートにこぎつけるが、アレグラのスキャンダルを追っていたサラは、ヒッチの正体に気付き…。

単純に面白かった。

ウィル・スミスの作品って万人受けするタイプのものが多いけれどこれもそう。
「他人の恋」に対して、「こうすればいいんだよ」とスマートにレクチャーする姿は彼ならでは。この「生徒」アルバートという人がまた典型的な「イケテない」男性で、その彼が必死に恋をしようとする姿はかなりおかしいし、笑える。太っててメガネってのもポイントだね。

そんなヒッチだけど、自分の恋にたいしてはあくまで不器用。
「飾っちゃダメだ」とアドバイスしていても、いざ相手に本気になると
その殻がなかなか破れないところとかね。

展開はベタでわかりやすいけど、「よーし」というような爽快感がありますね。

タイトルでなんか損してるようだけど、これはいっすよー。

サントラもかなりアーバンだけど手堅くいいです。
ジョン・ジェイドが歌うStevie Wonderの”Don’t You Worry’Bout A Thing”を初め名曲のオンパレード。
ハートフルな物語をしっかり盛り上げます。

HITCH 最後の恋のはじめ方
B0007WZXLM サントラ

Amazonで詳しく見る by G-Tools







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:25 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1295/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. 最後の恋のはじめ方

      ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ久々、日記テーマを「お勧め映画」にしました。お勧めでも、いつも面倒なので「最近見た映画」なんですが、これはひめ的、超〜お勧め今年6ケ月で一番楽しい映画でした。(^.^)ストーリーデートのきっかけが欲しい……

      トラックバック by わくわく映画感 — 2005/6/9 木曜日 @ 20:18

    2. 最後の恋のはじめ方・・・ウィル・スミス

      仕事帰りにも、気楽に見れるかな〜とこのラブコメを見てきました♪☆最後の恋のはじめ方☆(2005)アンディ・テナント監督ウィル・スミス・・・・・・アレックス・ヒッチエヴァ・メンデス・・・・・サラケヴィン・ジェームズ・・・アルバートアンバー・ヴァレッタ・・・アレ……

      トラックバック by ぷち てんてん — 2005/6/9 木曜日 @ 21:55

    3. 『最後の恋のはじめ方』

       ひとつの出会いが、完璧な男を狂わせ始める。

       61.5%=ニューヨークで暮らす独身女性の割合。 
       約240万人ものNY女性が結婚していないという事実。

      ■監督 アンディ・テナント
      ■脚本 ケヴィン・ビッシュ
      ■キャスト ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ、マイケル・ラパポート、アダム・アーキン

       ヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な人を手助けす…

      トラックバック by 京の昼寝〜♪ — 2005/6/10 金曜日 @ 0:53

    4. 『最後の恋のはじめ方』を観て来ました!#85

      原題
      Hitch
      観ればきっと幸せになれる
      ハートウォーミングな恋愛映画!

      2005年6月4日全国ロードショー
      2005年/アメリカ映画
      コロンビア映画提供
      シネスコサイズ/全6巻
      上映時間:1時間58分/3,242m
      SDDS・SRD/字幕翻訳:戸田 奈津子
      配給
      ソニー・ピクチャーズエンターテインメント

      ★スタッフ★
      監督:アンディ・テナント
      脚本:ケヴィン・ビッシュ
      製作:ジェームズ・ラシター
      製作:テディ・ジー
      製作総指揮:マイケル・タドロス
      製作…

      トラックバック by ★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf... — 2005/6/11 土曜日 @ 7:06

    5. 最後の恋のはじめ方

       一人シネマラソン2日目はウィル・スミス主演のラブ・ストーリー「最後の恋のはじめ方」です。
       公開直前の作品を一足早く観られる幸せ…ヽ(´ー`)ノ
       とっても感謝していますよ〜(誰に?)

       NYでデート・コンサルタントをしているヒッチ(ウィル・スミス)。
       彼は想いを寄せている女性にデートを誘う勇気を持てずにいる男性に女性の気を引く方法をサポートするのが仕事。
       現在は自分の雇い主であるセレブの女性に恋をした不器用な男�…

      トラックバック by なにも起こらなかった一日の終わりに — 2005/6/11 土曜日 @ 10:26

    6. 最後の恋のはじめ方

      ニューヨ-クを舞台に、恋愛の手ほどきをする達人が自分の恋愛に苦労する様をコミカルに描いたラブ・コメディー。 ストーリーはヒッチが恋愛をサポートするアルバートの恋物語と、彼自身の恋物語が並行して描かれています。 不器用な会計士アルバートが財団セレブの高嶺の…

      トラックバック by シアフレ.blog — 2005/6/11 土曜日 @ 13:37

    7. 最後の恋のはじめ方

      <ストーリー>
      ニューヨークを舞台に、独自の恋愛ルールで
      恋愛下手な多くの男性を幸せに導いてきた
      恋愛コンサルタントのヒッチ(ウィル・スミス)

      「男はいつでもどこでもアプローチしだいで、
      どんな女も必ず落とせる」

      そういって、大学時代の失恋を教訓に
      真剣に恋をしたいクライアントだけに
      恋愛の作戦と技を教えている。

      しかし、あるときタブロイドの�…

      トラックバック by 女子大生のかってに広告 — 2005/6/12 日曜日 @ 4:11

    8. 最後の恋のはじめ方 HITCH

      kossy:「面白い映画ですね」
      隣の女性:「面白いわ〜」
      kossy:「よかったら俺のブログに感想を書いてもらいませんか?」
      隣の女性:「え?何?ブログって・・・」
      kossy:「“ネタバレ映画館”とgoogleで検索すれば、すぐに見つかりますよ」
      隣の女性:「googleって何?ネタバレ?ん?ん?」
      kossy:「・・・・・・」

       「妄想することからはじめるんだ」という台詞を聞いた途端、妄想してしまいました。�…

      トラックバック by ネタバレ映画館 — 2005/6/12 日曜日 @ 9:08

    9. 最後の恋のはじめ方(映画館) 

      その想い、恋にしましょう。
      世界48ヵ国で1位。全米上半期興行成績も1位。だけど日本じゃ初登場7位!?とコケぎみの作品。
      はっきりいって公開時期が悪かったと思うの。もうちょい早めにすればよかったのにね。

      地球を何度も救ってきた男、ウィル・スミスの初のラブコメらしい。
      そういえば彼ってSFが多いね。

      笑わせるトコで確実に笑わせた!って感じよね。
      ふとっちょのアルバート君がいい味だしてました。�…

      トラックバック by ひるめし。 — 2005/6/12 日曜日 @ 15:01

    10. 映画『最後の恋のはじめ方』貴方は何点?

      この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?

           ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→
                             0点□□□□□□□□□□10点
           ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→

      6月4日から公開された作品の中で一番楽しみにしていた作品�…

      トラックバック by 本と映画と音楽と・・・お酒が好き — 2005/6/13 月曜日 @ 23:54

    11. 最後の恋のはじめ方 (Hitch)

      ★★★
      いわゆるラブコメです。まぁそれ以上でもそれ以下でもない映画ですが、割と当りかも。単純に楽しめました。
      ストーリーもおもしろいし、みんなが望む形の分かり易いハッピーエンド。デート・ムービーにはもってこいかな。…

      トラックバック by ネコと映画と私plusワンコ — 2005/6/14 火曜日 @ 23:22

    12. 最後の恋のはじめ方

      観ていて幸せな気分になれるかも?なラブコメ。

      まぁ好き嫌いもあるだろうけど、あまりラブコメが好きではないワタシでもかなり幸せな気分にひたることが出来たので、良く出来ている…と書いてもいいかな?ある意味、宣伝広告制作側の意図に乗っかっちゃったかも知れないけれど、観ていて不快に思わなかったし、最後まで眠くならないっていうのは脚本がよく出来ている証拠でしょう。…

      トラックバック by lip — 2005/6/15 水曜日 @ 9:32

    13. 最後の恋のはじめ方

      最近『映画』ネタばかり続きましたので、ここらでいったん締め〆といたしましょう。今回はトリにふさわしく『最後の恋のはいじめ方』です。「ハートブレイク・ダウン」「メイド・イン・アメリカ」「バッドボーイズ」「インデペンデンス・デイ」「メン・イン・ブラック」「エ…

      トラックバック by 淡路島のブログ情報≪あわじ愛らんど≫ — 2005/6/18 土曜日 @ 8:02

    14. 最後の恋のはじめ方 Hitch

      海外出張の飛行機でもう一本観たのが「最後の恋のはじめ方」(原題 Hitch)です。

      http://www.sonypictures.jp/movies/hitch/site/

      いわゆるラブコメですが、これが意外とかなり面白かったです。
      ウィル・スミスが演じるアレックス・ヒッチは口コミのみで営業している…

      トラックバック by 社長の本音日記 — 2005/6/25 土曜日 @ 11:15

    15. 最後の恋のはじめ方

       おはようございます。
       maiです。

       昨日、will smith主演の「最後の恋のはじめ方(アメリカ版タイトルhitch)」を見ました。
      もともと、僕は、will smithも好きで、映画で初めて、本格的な恋愛映画に出ると聞いて、さっそく見に行きました。

       見た感想なんだけど、ぶっちゃけモロおもしろかった。
      コッテリとした、型にはまった恋愛映画ではなく、コメディー要素が混…

      トラックバック by ミュージックファクトリーの活動日記 — 2005/6/25 土曜日 @ 17:20

    16. 最後の恋のはじめ方

      ■原題:HITCH
       千尋もはじめたい{/kaeru_cry/}・・・じゃなくて{/hiyo_shock2/}残念ながら劇場で観れなかったのでDVDを借りて観ました{/hiyo_en2/}
       話題のウィル・スミス初のロマンチックコメディ映画{/kirakira/}ウィルが戦わないでドキドキしたりオロオロしたりしてる、ウィルが銃じゃなくてカクテル持ってる{/kaeru_shock2/}そんな感じで新鮮でした{/kaeru_…

      トラックバック by 坂部千尋のsparrow diary — 2005/10/5 水曜日 @ 2:58

    17. 最後の恋のはじめ方

      DVDで、ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ 出演の「最後の恋のはじめ方」を観ました。

      ●ストーリー
      ニューヨークに住むヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な男達に救いの手を差し伸べる「デート・ドクター」を職業にしている。

      彼のモットーは、真剣な恋愛関係を望む者にしか力を貸さないということ、だからナンパ目的の男達はお断りである。

      このスタイルで何人ものモテない男達に適切なアドバイスを与え、成功に導いて来たヒッチは、知る人ぞ知る恋愛のカ…..

      トラックバック by Rohi-ta_site.com — 2005/10/31 月曜日 @ 7:45


    コメント

    1. そうですね~。ウィル・スミスとこのちょっといけてない小太り会計士のこの対比が面白いんですよね。
      彼のアドバイス、さすがにプロだけあって、ぴたりと決まるし。
      しかし、決め手は彼の予想とは違っていたり・・そういう所も上手いですね~。
      軽く笑えて、面白い映画でした~。

      コメント by ぷちてん — 2005/6/9 木曜日 @ 21:54

    2. >ぷちてんさん

      こんばんはー。

      >ウィル・スミスとこのちょっといけてない小太り会計士のこの対比が面白いんですよね。

      そうですね。なーんでこんなに落ち着きが無いのとか、
      おかしくって笑っちゃいました。

      >彼のアドバイス、さすがにプロだけあって、ぴたりと決まるし。
      しかし、決め手は彼の予想とは違っていたり・・そういう所も上手いですね~。

      うーん、そうですねー。
      でもピタリと決まってたのが出会いのための演出やなにか。
      自分の初デートのときもきっちりプランニングされててよくできてましたね。

      でも決め手になるのがそっちじゃなかったというのが
      また面白かったです。

      コメント by Black Pepper — 2005/6/10 金曜日 @ 20:01

    3. この映画は肩の力を抜いて観れて面白かったです。
      ウィルはラブコメでもはまり役ですね。
      こちらにTBさせて頂きますね。

      コメント by かんすけ(シアフレ.blog) — 2005/6/11 土曜日 @ 13:39

    4. >かんすけさん

      どうも初めまして。
      最近こういう「肩の力を抜いて楽しめる」作品が意外と無いので
      観てよかったですよー。
      こちらもTBさせていただきます。

      コメント by Black Pepper — 2005/6/12 日曜日 @ 2:01

    5. Black PepperさんTB&コメントありがとう♪(*^▽^*)ノ
      コメントを読みながらまた思い出して笑いが込み上げてきますた!
      キャストも良かったですし音楽もd(-。^)good!!
      ラストでダンスを観れて
      (昔懐かしの“ソウルトレイン”風の)満足できました!
      o(^▽^)o ☆

      コメント by fire1000 — 2005/6/12 日曜日 @ 2:22

    6. >fire1000 さん

      どうもありがとうございます。
      これ男性も女性もキャストすごくハマっていたし、面白かったです。
      音楽もノリノリでしたね~。

      >ラストでダンスを観れて
      (昔懐かしの“ソウルトレイン”風の)満足できました!

      しかもかかってたのHeavy D&The Boysの
      “Now That We Found Love”
      でしたからね。
      絶妙に違う方向にタイムスリップしちゃっててよかったです。
      しかもみんなダンスうまいし。

      コメント by Black Pepper — 2005/6/13 月曜日 @ 0:56

    7. そうそう!絶対タイトルで損してる作品だと思うのですよ~。
      ベタだけど軽くてめちゃめちゃ楽しい作品じゃないですか。
      あまり観てる人がいないみたいで寂しいです(泣)

      コメント by chishi — 2005/6/13 月曜日 @ 23:55

    8. >chishiさん

      そうですね。もうちょっとマシな邦題つけてくれたらなぁ。
      あまりまわりでもこの映画観たって話は聞かないですね。
      もったいないというか、やっぱり宣伝失敗してるんじゃ?

      観た人にはすごく評判いいだけに惜しいですね~。

      コメント by Black Pepper — 2005/6/14 火曜日 @ 18:33

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>