面白いアクション映画が観たいよね
って気分になって
評判の良い「ダニー・ザ・ドッグ」を観てきました。
リュック・ベッソン脚本でジェット・リーが人間ドラマを見せる
ってことでも話題ですね。

ダニー・ザ・ドッグ (2005年 / アメリカ)

dannythedog.jpg

写真クリックで公式サイトへ

監督:ルイ・レテリエ
出演:
ジェット・リー
モーガン・フリーマン
ボブ・ホスキンス
ケリー・コンドン

(あらすじ goo映画 )
5歳の時に誘拐され、闘犬として育てられたダニー(ジェット・リー)は、高利貸しのバートに連れられ、取り立てと闘いに明け暮れていた。首輪を付けられ、感情さえも忘れていたダニーは、ある日、事故で視力を失ったピアノ調律師、サム(モーガン・フリーマン)と出会う。数日後、バートとダニーが乗る車にトレーラーが突っ込み、なんとか車を這い出したダニーは、サムの元へ辿りつく。回復したダニーは、サムと、サムの娘ヴィクトリアの元、次第に人間らしさを取り戻していくのだが…。

うん、面白かったですよ。
ジェット・リーって1963年生まれってことでもう40超えてるんですよね。
でもあの童顔だし、身体のキレはまったく衰えてないし。

敵役もカラテや少林寺っぽい動きができてすんごいキレいいし。
今回アパートの1室とか狭いところでの格闘があるんですけど
そのあたりすごくいいすよ。

ストーリーもうまくできてる。
今回泣かせるアクションということでベッソンの「二キータ」や「レオン」と比べてる評があるけど。
それはまぁ違う感じ。

でもおかしな「宿命」に縛られた主人公が
音楽や「普通の人々」とふれあうことで自分の人生を取り戻そう
ってのはよくできていましたよ。
妙に英語がこなれてなくてピュアな東洋人ってキャラがこの場合うまくいってるみたいですね。
ジェット・リーならではの役かなぁ。適役。

だから彼の運命を「縛りつける」ボブ・ホスキンスがしっかり狂気の部分も出していて
そこがよかったし。

盲目のピアノマン、モーガン・フリーマンも
軟弱なようでしたたかといういい味を出してましたね。

スッキリ短くまとまっていたし。
アクションのキレもバッチリなんでこれは
大満足な作品でした。







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:34 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1321/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. ●「ダニーザドック」観ました

      ジェット・リー主演の映画は初めて観ました。と言うより格闘技系映画はジャッキー・チェンのを昔数本観た限りですね。リュック・ベンソン監督作品も久しぶりに観ました。
      格闘シーンのジェット・リーの動きが綺麗でした。でも何といっても盲目の調律師役の「モーガン・フリーマン」が良かったと思います。彼が出ている事でこの映画が「ピシッ」っと締まっていたように思えます。あの暖かく人を包むようなオーラがいきていて、そ�…

      トラックバック by kuzira☆くじらの読書と映画鑑賞と普通の日々 — 2005/6/30 木曜日 @ 21:06

    2. ダニー・ザ・ドッグ

       『バットマン ビギンズ』では健康体、『ミリオンダラー・ベイビー』で片目を失明し、今作品では両目とも失明・・・

       荒唐無稽な漫画のような設定だ。5歳の時、バート(ボブ・ホスキンス)に拾われて、それ以来闘犬のように育てられてきたダニー。首輪を付けられている時はおとなしいが、それを一旦はずされ「殺せ」と耳打ちされると殺人マシーンのごとく相手を叩きのめす。首輪をつけられている映画といえば、『バトルランナー』や『バトル・ロワ�…

      トラックバック by ネタバレ映画館 — 2005/6/30 木曜日 @ 21:30

    3. ダニー・ザ・ドッグ

      感情を失い殺人マシーンとして生きてきた男が、人を愛することを知り、愛する者の為に闘う姿を描いたヒューマン・アクション。 ジェット・リー演じるダニーの流れるような美しいアクションシーンの素晴らしさもさることながら、ダニーが人間らしさを取り戻していくドラマが…

      トラックバック by シアフレ.blog — 2005/7/1 金曜日 @ 9:01

    4. 『ダニー・ザ・ドッグ』  ☆☆★★★

      なんと今週4本目の鑑賞。予告で見た感じは「マッスルヒート」みたいだった。

      『ダニー・ザ・ドッグ』
      製作・脚本:リュック・ベッソン
      監督:ルイ・レテリエ
      出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン

      「トランスポーター」のルイ・レテリエ監督作。リュック・ベッソンのおかかえ監督なの
      かな?リュック・ベッソン製作ってだけで少しみんな嫌がるようになりましたね。一時期
      は大人気だ�…

      トラックバック by 映画VS氣志團&タイガー — 2005/7/1 金曜日 @ 11:50

    5. 試写会「ダニー・ザ・ドッグ」

      試写会「ダニー・ザ・ドッグ」開映19:00@一ツ橋ホール

      「ダニー・ザ・ドッグ」UNLEASHED / DANNY THE DOG  
      2005年 フランス/アメリカ/イギリス/香港
      配給:アスミック・エース
      監督:ルイ・レテリエ
      武術監督:ユエン・ウーピン 袁和平
      製作:リュック・ベッソン、スティーヴ・チャスマン、ピエランジュ・ル・ポギャム
         ピエール・スペングラー
      脚本:リュック・�…

      トラックバック by こまったちゃんのきまぐれ感想記 — 2005/7/3 日曜日 @ 1:51

    6. ★「ダニー・ザ・ドッグ」

      どちらかのブログに、この春〜夏は「モーガン・フリーマン祭りだ」・・・とありましたが。
      まさにっ。
      この映画にも出演中でございます。
      ひらりんが観た中では、「ミリオンダラー・ベイビー」、「バットマン・ビギンズ」と声の出演(ナレーション)で「宇宙戦争」でいい味出してます。
      まっ、この作品の主役はジェット・リーなんだけど。
      2005年製作のヒューマン・アクション・ストーリー、103分もの。

      あらすじ
      冷�…

      トラックバック by ひらりん的映画ブログ — 2005/7/3 日曜日 @ 3:51

    7. ダニー・ザ・ドッグ

      レディス・デー鑑賞、もう一本は「ダニー・ザ・ドッグ」

      出演はジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン他
      脚本、リュック・べッソン
      監督、ルイ・レテリエ

      DVDでもいいかなと思ってたんだけど、「宇宙戦争」終了時間の15分後からのスタートで丁度よかったので観てきました
      ここでもモーガン・フリーマン出てるし、こうなったらこの先ずっとM・フリーマンの出演作は全部見てやる〜!って勢い…

      トラックバック by Aloha Days — 2005/7/4 月曜日 @ 16:24

    8. 映画: ダニー・ザ・ドッグ

      邦題:ダニー・ザ・ドッグ 原題:Danny the dog 監督:ルイ・レテリエ

      トラックバック by Pocket Warmer — 2005/7/5 火曜日 @ 7:11

    9. ■ダニー・ザ・ドッグ

       贈尊の時に誘拐され、闘犬として育てられたダニー(ジェット・リー)は、高利貸しのバートに連れられ、取り・てと闘いに明け暮れていた。首輪を付けられ、感情さえも忘れていたダニーは、ある日、事故で視力を失ったピアノ調律師、サム(モーガン・フリーマン)と出会う…..

      トラックバック by ルーピーQの活動日記 — 2005/7/5 火曜日 @ 23:27

    10. 「ダニー・ザ・ドッグ」 - UNLEASHED -

      「もっと映画を見ようよ Myキャンペーン」第一弾。勝手にやってま~す♪
      親から引き離され、首輪をはめられて、
      闘犬のように命令通り相手を倒すよう育てられたダニー(ジェット・リー)。
      彼を「人間」としてではなく、金儲けの「道具」として扱う極悪人の育て親。
      何で首輪なんてはめられちゃってるワケ?
      何であんなヒドイ扱い?
      どうしてあんなオヤジの言いなりにならなきゃいけないワケ? 
      強いなら叩きのめしちゃえばいいのに!!! くやし~。

      あまりに悲惨で、痛すぎて、思わず途中で映画館を出よう…

      トラックバック by Chic & Sweet * びいず・びい — 2005/7/8 金曜日 @ 13:50

    11. 映画『ダニー・ザ・ドッグ』貴方は何点?

      この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?

           ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→
                             0点□□□□□□□□□□10点
           ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→

      私、リュック・ベッソン好きなんです。なのでこの作品はとても楽�…

      トラックバック by 本と映画と音楽と・・・お酒が好き — 2005/7/10 日曜日 @ 10:50

    12. ダニー・ザ・ドッグ

      5歳の時に母親から引き離され、記憶を奪われ、感情を失い、暗い地下室
      で人を殺すことだけをバート(ボブ・ホスキンス)に仕込まれてきた男ダニー
      (ジェット・リー)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

      ダニーは金儲けの道具として闘うことしか…

      トラックバック by ミーハーの映画評 — 2005/7/10 日曜日 @ 18:54

    13. ダニー・ザ・ドッグ <ネタバレあり>

      良かったよ〜 感動したで。これは結構、お勧めや(^ー゜)bジェット・リーが主演なので 勿論、アクションもんなのですが感動もんでもあります。ダニーはバートに犬の様に育てられ、命令されれば人も殺す恐ろしい奴ですが 実は純粋無垢な子供の様な心も持っている。“愛……

      トラックバック by HAPPYMANIA — 2005/7/12 火曜日 @ 1:31

    14. ダニー・ザ・ドッグ

      リュック・ベッソンって、筆者の中では、今ひとつ安心できない、信じきれない人である。年代が近い割りには、どうも考えていることに共通項が無いというか、凡人である筆者に理解できないのが悪いのか。但し、「ジャンヌ・ダルク」とか「レオン」、「ニキータ」の様な氏の監督作品は良いと思う一方、「TAXY」とか「キス・オブ・ザ・ドラゴン」等、製作を担当している作品はどうも好きになれない。作品によって評価が変わってしまう映画人なのである。筆者の中でこういう人は珍しい。その悪い予感が的中してしまったのが、この作品である。…

      トラックバック by 利用価値のない日々の雑学 — 2005/7/13 水曜日 @ 18:33

    15. ダニー・ザ・ドッグ (2005) Post It !

      Post It ! 俳優さん Michael Jenn マイケル・ジェン これじゃあんまりなのでもう一丁 ポール・ベタニー系の顔が好きな方なら好みなんではと…。 違いますか!ごめんなさい! 超・ヨーロピアンな顔、私は好きです 謎の格闘技大会主催者ワイヤー…

      トラックバック by ℃で映画をかたるブログ — 2005/7/17 日曜日 @ 12:00

    16. ダニー・ザ・ドッグ ★★★☆☆

      DANNY THE DOG

      2005年/フランス/アメリカ
      キャスト:ジェット・リー 、モーガン・フリーマン 、
           ボブ・ホスキンス 、ケリー・コンドン 、
           ディラン・ブラウン
      監督:ルイ・レテリエ
      脚本:リュック・ベッソン 、ロバート・マーク・ケ…….

      トラックバック by Kirakira Cinema Blog — 2005/7/24 日曜日 @ 7:18

    17. 「ダニー・ザ・ドッグ」(試写会:日本教育会館一ツ橋ホール)

      「日常」を知らない主人公
       手に入れた安息の日々
        踏みにじられる幸せ
         守るべき人々
           ザ・ベッソン節 炸裂

      原題:「UNLEASHED / Danny The Dog」
      監督:ルイ・レテリエ
      脚本:リュック・ベッソン
      出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン
      音楽:マッシブ・アタック
      本編:103分

      Story
      悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホスキンス)に金儲けの道具として育てられたダニー(ジェット・リー)。普段は…

      トラックバック by なつきの日記風(ぽいもの) — 2005/7/27 水曜日 @ 3:42

    18. ダニー・ザ・ドッグ

       アイディアというか構成の優れた作品です。  ハートウォーミングな人間ドラマでありながら、それでいてギャングもののB級アクション映画。このよ

      トラックバック by シネクリシェ — 2005/7/27 水曜日 @ 7:25

    19. ジェット=リーに釘付け☆

       あーもう、最近は胸キュン[:ラブ:]しっぱなしで、
       動悸が早く、心臓の耐性年数が減ってる気がします。

       
       B’zのライブで動悸多発地帯となった、わたくしの[:ラブ:]心臓[:ラブ:]に
       さらに、追い討ちをかけたのが、

       [:ポッ:][:ラブラブ:]『ダニー ザ ドッグ』/2005 フランス・アメリカ

       んまっ! [:赤りんご:] なんてかわいいんザマショ!ジェット=リー。

       内容は、昔、母親を殺されなおかつ拉致られたダニー少年は記憶をなくし、
       飼い主の命…

      トラックバック by 映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン● — 2005/7/30 土曜日 @ 7:52

    20. NO.126「ダニー・ザ・ドッグ」(アメリカ/ルイ・レテリエ監督)

      ジェット・リー初めての
      キス・シーンと一筋の涙。

      「トランスポーター」であっといわせるカーアクションと小気味のいい演出で喝采をあびたルイ・レテリエ監督。彼も、当然、ヨーロッパのアクション映画の頂点である、リュック・ベッソン一家だ。

      ベッソンは1959年生まれ。小さい頃からイルカと親しみ、海洋生物学者になるのが夢だった。16歳で史上最年少のプロダイバーとなる。病気でダイバーの道から転進をはかり、�…

      トラックバック by サーカスな日々 — 2006/1/17 火曜日 @ 17:00

    21. ダニー・ザ・ドッグ 06年11本目

      ダニー・ザ・ドッグ
      これは、見たかったんですyo。うちは、姉君共々、ジェット・リー ファン。
      リュック・ベッソンがかんでいるから、おフランス、アメリカ合作なのね。フランス語でも良かったんじゃないかな?そういう雰囲気感じたし、、、
      期待通り、良かったです……

      トラックバック by 猫姫じゃ — 2006/1/30 月曜日 @ 13:27

    22. ダニー・ザ・ドッグ

      ●映画の満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7点
      モーガン・フリーマン渋すぎです!
      ジェット・リーの映画というと、どうしてもアクションに目が行きがちですが、抜群の存在感でした。
      やっぱり声がいいんですかねぇ〜

      トラックバック by ホームシアター映画日記 — 2006/2/6 月曜日 @ 22:44

    23. ダニー・ザ・ドッグ(Danny The Dog)

      監督 ルイ・レテリエ 主演 ジェット・リー 2005年 フランス/アメリカ映画 103分 アクション 採点★★★ リンチェイファン萌え死ぬんじゃないかというシーンの連続です。“リンチェイ”と聞いても、誰のことだかわからない若い映画ファンも多いんでしょうね。いえいえ、スネ…..

      トラックバック by Subterranean サブタレイニアン — 2006/2/18 土曜日 @ 17:21

    24. DVD「ダニー ザ・ドッグ」見たよ。

      はい、こんばんは。

      音楽って、頭の、理屈ではない部分を多いに刺激するのだそうです。他のことを忘れても、案外、記憶の中に刻み込まれているものなのかもしれません。私の場合はソノシートの童謡のレコードだったり(年がばれる)するかなあ。レコード屋さんに首をかし…….

      トラックバック by 雪華と、うふふ — 2006/2/28 火曜日 @ 22:38


    コメント

    1. コメントありがとうございます。アクションとして
      普通におもろかったですね。変に泣かすような
      設定にしない方が良かったかもですね。やっ
      ぱレオンとかには適わないんですから。
      ボブ・ホスキンスおいしい役でしたね~

      コメント by tomy — 2005/7/2 土曜日 @ 1:49

    2. >tomyさん

      こちらにもコメントありがとうございます。
      そうですね。普通にアクションとして面白かったですね。

      泣かす演出というか、今回ジェット・リーにアクション以外の
      演技もしてもらったということでそちらが画期的だったのかな、と(笑)。

      「ニキータ」や「レオン」とはちょっと違うのかな~と感じましたが。
      ボブ・ホスキンスおいしかったですね。夢に出そうなほどイヤな役でした。
      素で「お前は犬だ」だなんて疑問もてよ! とか突っ込みたくなりますよね。

      コメント by Black Pepper — 2005/7/2 土曜日 @ 6:50

    3. 書き込みありがとうございます。
      この映画は、待望のジェット・リーの主演作で、演技は???な部分を持ちながら、とにかく久しぶりの彼のアクションを観たいと思って、初日早々観に行って来ました。
      感想はレビューに書いた通りなんですが、とにかくこの映画を気に入ってしまって、初日から2回も観ちゃいましたよ。
      DVDになったら絶対に買います。
      レビューには書いてないんですが、加筆部分としては音楽が良かったですね。
      モーガン・フリーマンが弾くジャズやヴィクトリアがベッドの下の置いたキーボードで、ワン・フレーズ弾くスコット・ジョプリンの「エンターテイナー」、連弾で弾く「ハバネラ」とか、渋くてセンスが良くて鳥肌ものでしたよ。
      その他の映画のBGMも小気味が良くて、センスが良かったし、映画の映像にばっちり融合してて良かったです。
      それから、人間性を蘇らせて行く所、Blackpepperさんがおっしゃている通り、アイスクリームの食べ方だったり、スーパーでの買い物の仕方だとか、大上段に振りかざした物じゃなくて、そしてその導く人が一井の人だと言うのが、とても良かったですね。

      コメント by romy♪ — 2005/7/3 日曜日 @ 13:13

    4. >romy♪さん

      どうもまたご無沙汰でした。
      「ダニー・ザ・ドッグ」はある意味でジェット・リーにとっては新境地といえる作品でしたね。僕もアクションの部分には不安はなかったんですが。
      脚本も彼に合わせた感じでジェット・リーのこなれてなさがかえって新鮮でいい感じになりましたね。

      モーガン・フリーマンがひいていたのはMiles Davisでも有名な「Round Midnight」という曲です。ヴィクトリアはそんな曲もひいてたんですね。あとクラシックも効果的に使われてましたね。

      映画のサントラを担当したのはマッシヴ・アタックというテクノのアーティストです。終始緊張感のあふれる仕上がりでよかったですよね。
      アコースティックな曲との対比が効果的でした。

      >人間性を蘇らせて行く所、Blackpepperさんがおっしゃている通り、アイスクリームの食べ方だったり、スーパーでの買い物の仕方だとか、大上段に振りかざした物じゃなくて、そしてその導く人が一井の人だと言うのが、とても良かったですね。

      そうですねぇ。このあたりがやっぱりとても良かったと思いますよ。
      普通の生活が彼にはなかったんだな、というのが
      驚きだったし、それを救えるのは一井の普通の人でしか
      ありえなかったというのはとてもよくわかりました。

      コメント by Black Pepper — 2005/7/3 日曜日 @ 17:38

    5. TB&コメントありがとうございました♪
      やっぱりボブ・ホスキンス最高でした~
      彼とモーガン・フリーマン、ヴィクトリア役のケリー・コンドンで
      ピリリと引き締まったお話になったと思います
      ジェット・リーがやっと「演技」できた!と思えたのが今作(笑)
      アイスクリームのシーンは前歯に凍みましたヨ
      ヴィクトリアと初めてピアノを連弾するシーンもよかったです♪

      コメント by ココ — 2005/7/4 月曜日 @ 16:14

    6. >ココさん

      こんばんは~。

      >やっぱりボブ・ホスキンス最高でした~

      ふふ、そうですか(笑)。

      >彼とモーガン・フリーマン、ヴィクトリア役のケリー・コンドンで
      ピリリと引き締まったお話になったと思います
      ジェット・リーがやっと「演技」できた!と思えたのが今作(笑)
      アイスクリームのシーンは前歯に凍みましたヨ

      そうですね。アイスクリームのシーンはみんな言いますけど
      あの前歯やばいですよね。

      あとあの無防備な笑顔はなんなんでしょう。
      ほんと反則ですよね(笑)。

      またよろしくお願いします~。

      コメント by Black Pepper — 2005/7/4 月曜日 @ 22:43

    7. 私も満足した作品です!
      狭い場所での格闘って面白かったですよね。
      個人的に印象に残ってるのはトイレでのシーンです(笑)

      コメント by chishi — 2005/7/10 日曜日 @ 10:51

    8. >chishiさん

      アクションに注目、ですね(笑)。
      トイレのシーンはいろんなところにぶつかって
      痛そうで(笑)、でも平気で戦ってるし。
      面白かったです。

      コメント by Black Pepper — 2005/7/11 月曜日 @ 7:09

    9. TBありがとう。メチャ期待しているわけではなくて、見終わったあと、「満足」っていう娯楽映画は、少ないんです。この映画は、◎。

      コメント by kimion20002000 — 2006/1/18 水曜日 @ 0:12

    10. >kimion20002000 さん

      コメントありがとうございます。
      この映画はアクションやりたいのか、ヒューマン・ドラマ
      やりたいのかどっちなんだよ~(笑)、とつっこみたい
      部分もあったんですが。
      でも両方ともなんとか及第点はクリアって感じでしょうか。
      がっかりはしなかったです。

      コメント by Black Pepper — 2006/1/18 水曜日 @ 1:41

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>