話題の「SAYURI」を観てきました。
正直期待はしてなかったですが、豪華絢爛な映像美は見ときたい。
それと僕はチャン・ツィイーとコン・リーは好きなので(笑)。

(注:ネタバレありです。またこの映画を素直に楽しんだ方には
不快な表現も含まれます。あくまで一個人の感想なのでご了承ください)

SAYURI (2005年 / アメリカ)

sayuri.jpg

写真クリックで公式サイトへ

監督 : ロブ・マーシャル
出演 :
チャン・ツィイー
渡辺謙
ミシェル・ヨー
役所広司
コン・リー
大後寿々花
桃井かおり
工藤夕貴
ほか

(あらすじ goo映画 )
9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められ、いつか芸者になって会長さんに再会したいと願うようになる。時が経ち、15歳になった千代は、芸者の中でも評判の高い豆葉に指導を受け、「さゆり」としてその才能を開花していく。そしてついに、会長さんと再会することになるが…。

いろんな意味で不安材料が多かった映画。
原作もアーサー・ゴールデンの小説「Memoirs of a Geisha」だし、
スピルバーグが製作に加わり、「シカゴ」のロブ・マーシャルが監督と
完全にハリウッド、アメリカ発の作品。
主演にチャン・ツィイー。それにミシェル・ヨーにコン・リーが特別出演と
アジアの大女優が主役をはる。

でも、舞台は日本。しかも花街、芸者の世界。

要所、要所に日本人俳優使ってるし、時代考証や美術の面で
日本人スタッフの手は当然入るだろうけども、
それでも「おかしなニッポン」を見せられてしまう可能性のほうが
正直大きかったと思う。

で、見てみたけど。
ハリウッド映画だということをわりひいて考えると
思ったよりおかしなところは少なかったように思う。

時代は昭和初期から第二次大戦で日本が負け、進駐軍が入ってくるあたりまで。
ちょうど日本の華族、貴族(彼らや新興の実業家が芸者置屋の重要な客筋であったことが描かれる)の没落期と重なり、芸者という職業も誇りとうらはらにその全盛期は終わろうとしていた時期。
「どこだかわかんない」というような時代背景不明の作品にはなってなくてよかった。

でも描かれるのは「芸者になればあの人に会える」というあまりにも幼稚な女性の
なりゆきまかせの人生。お決まりの女の嫉妬、いじめ、足の引っ張り合い。
「華やかな世界の裏側には・・・」と言いたいのかもしれないけど、
正直ストーリーに語るべき点は少ないです・・・。

コン・リーがかなりヨゴレな役をやってたけど、このキャラも薄っぺらくて、
たんに頭悪い人みたいだし。
酒と男におぼれてすさんでくのは、ちょっと安すぎ・・・。

少女期が思った以上に長くてちょっとダレてたのも。

チャン・ツィイーもきれいはきれいなんだけど、
「男を狂わせる妖麗さ」というのとは違う感じもしたし。
自分で自分の立場を悪くしていくのもあんまり頭いいとは思えない。
「会長さん」もそんなにいい男じゃないしな~。世界観がせますぎだよ。
「ゲイシャ」という間違ったオリエンタリズムに対するよくある憧れを
映像化しただけという感じは否めない・・・。予想の範疇だけど。

ミシェル・ヨー演じる「豆葉」ぐらいしか安心して見てられるキャラがいないです。
渡辺謙さんはちゃんと英語しゃべれてますね。でもそれぐらい。

基本が英語で、「オカーサン」とか片言の日本語が部分的に使われてるのもどう考えてもへんだし。姉妹同士でも(親は日本語だったのに・・・。英語指導失敗したのか?)英語だし。
着物はやっぱりなんかチグハグだし。
(たぶん当時の芸者さんより今の女優さんのほうが背も高いし、スタイルよかったりすることもあるんだとは思うけど)

それでもハリウッドならではのよさもあって。
祇園の街を見下ろしたときに延々と続く木造の町並み。
家具の仕立てや(電柱のない)お寺さんの情景。
こういうのって日本映画でまともに描こうとすると
一番お金がかかってしまう部分だし。
そういうことが遠慮なくできるのは逆にハリウッドの資本が入ってる強みかな、と。

おかしいところはたくさんあるけど、
豪華な映像美はキッチリ楽しめる。
それだけと割り切れれば楽しめるかな。







関連記事(試験運用中)

  • エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
  • 2005年下半期に観た映画 リスト




  • コメント/トラックバック:15 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1548/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. SAYURI

      予告編を観て「面白そうだな」と思っていても、観る優先順位は下の方で、もしかしたら観ないかもしれない、と思っていた。それがどうしたことだろう。前売り鑑賞券まで購入し、公開初日に観てしまった。それだけ惹きつけられていたのかも知れない。もちろん、観て正解だ。お……

      トラックバック by 八ちゃんの日常空間 — 2005/12/13 火曜日 @ 9:36

    2. SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA

      チャン・ツィイー、渡辺謙主演

      チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった

      千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる
      その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当たる
      ある時幼い千代が橋のたもとで転んで泣いているのを
      通りすがりの会長(渡辺謙)が声をかけかき氷を買ってもらう

      その優しさにもう一度千代は会長に会いたいと思い
      芸妓になり座敷に呼ばれ会いたいと 修行を重ね一流の芸妓になっていく

      今まで売れっ子芸者初桃は妬み 妨害をくわえるのですが・・・・

      ストーリ…

      トラックバック by travelyuu とらべるゆうめも MEMO — 2005/12/13 火曜日 @ 18:36

    3. SAYURI

       『北の零年』では小百合を裏切った渡辺謙。ここで名誉挽回するのか?!

       日本文化や日本人の心、はなまちのしきたりなど、「ハリウッドが描いた日本なんて虚構の世界だ」と批判する日本人も多いのだろう。多分、監督もスタッフも出演者も皆十分に納得していたのでしょう。しかし、映画を観る日本の一般庶民にとっては、芸者の世界なんて夢のような世界。多少嘘があろうとも、おかまいなしなのです。所詮、ファンタジ�…

      トラックバック by ネタバレ映画館 — 2005/12/14 水曜日 @ 19:49

    4. 『SAYURI』

      『SAYURI』公式サイト

      監督:ロブ・マーシャル

      原作:アーサー・ゴールデン

      音楽:ジョン・ウィリアムズ

      出演:チャン・ツィイー 、渡辺謙 、ミシェル・ヨー 、役所広司 、
         桃井かおり 、コン・リー 、大後寿々花

      2005年/アメリカ/146分

      おは…….

      トラックバック by Rabiovsky計画 — 2005/12/15 木曜日 @ 1:16

    5. ★「SAYURI」

      公開初日のナイトショウで観てきました。
      時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。
      あんまり混んでなかったよ。
      チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。

      トラックバック by ひらりん的映画ブログ — 2005/12/15 木曜日 @ 4:14

    6. 『SAYURI』★★★★・85点

      『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;’05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/コン・リー観賞劇場:12/14(水)丸の内プラゼー……

      トラックバック by ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ — 2005/12/15 木曜日 @ 12:43

    7. SAYURI

      一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。主演は「HERO」のチャン・ツィイー、共演に「ラスト サムライ」の渡……

      トラックバック by Alice in Wonderland — 2005/12/15 木曜日 @ 13:10

    8. 「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる

      「SAYURI」★★★★
      チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演
      ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ

      この映画に嫉妬した。

      日本で描けない
      日本の「美」を
      そこに見たからだ。

      戦前までは
      あんな文化が
      日本に存在していたのだと
      ……

      トラックバック by soramove — 2005/12/15 木曜日 @ 17:54

    9. SAYURI

      長時間を感じさせない映画でした。(^.^)水鏡に映る美しい紅葉の庭。ああいう写真が撮ってみたいのもだわと溜息。もみじ柄の着物のさゆりと会長にもうっとり。女の生き方の美しさにも感動、veryimpressed.さゆりのドラマチックな踊りは流石「シカゴ」のロブ・マーシャル。……

      トラックバック by わくわく映画感 — 2005/12/16 金曜日 @ 11:55

    10. SAYURI(2回目の鑑賞)

      大後寿々花の見事な演技は必見。彼女の魅せる様々な表情はどれも心に残ります。中でも会長との出会いで魅せた笑顔は忘れられません。

      トラックバック by ★☆★ Cinema Diary ★☆★ — 2005/12/18 日曜日 @ 14:12

    11. SAYURI

      事前にいろいろと賛否を見聞きしていたので、なるべくフラットな気持ちで鑑賞しようと心に決めて、劇場に向かった。これはアメリカ、ハリウッドが描いたファンタジーなんだよな、べつに時代考証の正確さを求める映画じゃないんだよな、英語と日…….

      トラックバック by 俺の話を聴け〜! — 2005/12/21 水曜日 @ 13:40

    12. SAYURI

      貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。

      豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成功譚…

      トラックバック by 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ — 2006/1/4 水曜日 @ 12:49

    13. SAYURI

      実家宮城県は映画のメンズデー王国(109シネマズ富谷が金曜日、MOVIX利府が月曜日。他の映画館でもやってる)って事は前にもここで書きましたが、そんなメンズデー王国にせっかく帰省してるヒマメンINDYが、これを利用しない訳がないじゃないですか!奥さん!って事で、密かな野望を打ち立てた。

      それは、「休み中に上映してる作品(観てないもの)を全部観る!」という事。割と気軽に観に行ける映画館は上記の2館なんですが、調べてみると観てないのが結構ある。しかしさすがに「ムシキング」や「プリキュア」はオトナと…

      トラックバック by 欧風 — 2006/1/15 日曜日 @ 13:54


    コメント

    1. ペッパーさん、こんにちは(^.^)
      観てきましたよ、これ、凄く良かったです。
      TBさせて下さいね(^.^)

      コメント by るりひめ — 2005/12/16 金曜日 @ 11:54

    2. >るりひめ さん

      どうもー。これ、よかったんですか?
      うーん不思議だ。
      まぁ日本だと思わなければいいのかもしれませんけどね。
      美術や衣装はたしかにすごかったです。

      こちらもTBさせていただきますね。

      コメント by Black Pepper — 2005/12/16 金曜日 @ 17:32

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>