ソフィア・コッポラの新作は歴史劇? それもあのマリー・アントワネット・ネタ。
歴史ものでもあのポップな軽さは残るのか? 予告編がよかったのでやはり観てきました。

マリー・アントワネット (2006年 / アメリカ)

marry.jpg

写真クリックで公式サイトへ

監督:ソフィア・コッポラ
原作:アントニア・フレイザー
出演
キルスティン・ダンスト
ジェイソン・シュワルツ
ジュディ・デイヴィス
ほか

(あらすじ goo映画 )
オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。

アントワネットというと、浪費家で傲慢な女王というイメージが強い。しかし、本作で描かれているのは、プライベート用に農場を作り、自然の中で子育てをした、愛情溢れる母親としての王妃である。監督のS・コッポラも「教科書に出てくるアントワネットを撮るつもりはなかった」と語っている。私たちが知っているアントワネットは、革命側が作り上げた虚像であり、有名な「パンがなければお菓子を食べればいい」という言葉も真実ではないようだ。誰も知らなかったアントワネットの真実に驚かされる。主演は、『スパイダーマン』のキルスティン・ダンスト。全編を彩るお菓子やドレスにうっとり。音楽もポップ。いわゆる歴史劇とは一線を画する。

キルスティン・ダンストがかわいい。
18世紀当時の衣装をポップにリアレンジした衣装も、
ヴェルサイユ=ルーブルを実際に借りて撮影したセットの部分はほんと素晴らしい。
だがそれ以上にこの「運命にもてあそばれた女」マリー・アントワネットの陽の部分と陰の部分を表現していて素晴らしい。

ごく普通の田舎娘が突然途轍もない贅沢が許される(むしろそれが期待される)環境に放り込まれ、その中で葛藤する物語としては面白かった。

サントラは相変わらずセンスいいです。

マリー・アントワネット
マリー・アントワネット サントラ スージー&ザ・バンシーズ バウ・ワウ・ワウ

おすすめ平均
starsソフィアコッポラのセンスが光る選曲

Amazonで詳しく見る by G-Tools







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:29 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1940/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. マリー・アントワネット

      この映画は伝記でも史劇でもなく、マリー・アントワネットという一人の女性の青春や恋愛など「心」を描いた作品といっても良いくらいで、だからか、中心になるのは嫁いでから子供が出来るくらいまでになっています。史劇としてのマリー・アントワネットと、ソフィア・コッポ……

      トラックバック by 八ちゃんの日常空間 — 2007/1/24 水曜日 @ 6:18

    2. 『マリー・アントワネット』★★★・・

      とにかく豪ジャスでPOPで、壮厳さにあふれた作品『マリー・アントワネット』公式サイト制作データ;2006米/東宝東和 ジャンル;歴史上映時間;138分 監督;ソフィア・コッポラ  出演;キルスティン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツ/ジュディ・デイヴィス劇場:1/24(水……

      トラックバック by ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ — 2007/1/25 木曜日 @ 11:14

    3. 『マリー・アントワネット』

      歴史ものではなくて、甘酸っぱい青春ものなのです。
      カンヌでは別に評価されなかったし、拡大上映されている日本での評判もたぶん・・・。
      でも、こういう試みは大好きなの。
      http://blog.livedoor.jp/yumiakane/archives/51298539.html
      マリー・アントワネットが主人公のガーリームービー。マリー・アントワネット生誕250周年だなんて知らなかったし。TVアニメの方は観たような気もするんだけど、「ベルばら」はちゃんと読んだことはなくて、その思い入れは「キャ…

      トラックバック by かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY — 2007/1/25 木曜日 @ 12:34

    4. マリー・アントワネット

      淡白なドラマに眠気を誘われるも,
      主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。

      トラックバック by Akira's VOICE — 2007/1/25 木曜日 @ 12:36

    5. パステル調「マリー・アントワネット」

      マリー・アントワネット〈下〉早川書房このアイテムの詳細を見る

      見てまいりました、映画マリー・アントワネット。
      等身大のマリー・アントワネット で予想しておりました通りの映画でした。好みです。
      欲を言いますならば、です。フェルゼン伯との恋が、ちと軽すぎないかい? というところでしょうか。奥手のお嬢様設定なんですから、そういう場面では、初々しさを出した方がよかったのではないかと。
      しかしまあ…

      トラックバック by 郎女迷々日録 幕末東西 — 2007/1/25 木曜日 @ 14:08

    6. 『 マリー・アントワネット 』

      土曜は『 マリー・アントワネット 』を観た。
      妹にディパーテッドとどっちにする?と訊くと、即答こっちだった。

      さてさて、マリーアントワネットといえば、ベルサイユのばらなのですねぇ。
      小学校入るかどうか頃にテレビアニメ化されて、夢中になってみたなぁ。
      まだ小さかったから、当時は時代背景や人間関係もあまり理解していなかった
      けれど・・・^^;
      なにせ、オスカルのイラスト付きパンツを喜んで穿いていた頃だか…

      トラックバック by My Style — 2007/1/25 木曜日 @ 18:53

    7. 【2007-7】マリー・アントワネット(MARIE ANTOINETTE)

      14歳で結婚、

      18歳でフランス王妃、

      彼女の名は、マリー・アントワネット

      恋をした、朝まで遊んだ、
      全世界に見つめられながら。

      豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語。

      トラックバック by ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! — 2007/1/25 木曜日 @ 22:53

    8. マリー・アントワネット

      14歳で嫁ぎ、18歳で王妃に。もうひとつのマリー・アントワネットの物語。

      トラックバック by 悠雅的生活 — 2007/1/27 土曜日 @ 0:50

    9. 映画「マリー・アントワネット」

      原題:Marie-Antoinette
      「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・

      白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わされたとき、…

      トラックバック by 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ — 2007/1/27 土曜日 @ 1:47

    10. 『マリー・アントワネット』

       前作『ロスト・イン・トランスレーション』の公開時に沢木耕太郎さんの映画評がらみで「アメリカ人の傲慢さが出てるんじゃないのか」という記事をいくつか読んだ記憶がありました。個人的にはあの作品に関しては舞台自…

      トラックバック by flicks review blog II — 2007/1/27 土曜日 @ 1:49

    11. マリー・アントワネット

      もしかして今年初めての映画#63912; 悲しいな~週に1本は見たいのに~#63896; 見てきました~#63889; 面白かったです#63898; 子供と見に行ったんだけどさ~ うさぎの年代ってみんな知ってるでしょ?すごく流行ったからさ#63901; ベルサイユのバラ&a…..

      トラックバック by ちわわぱらだいす — 2007/1/27 土曜日 @ 19:03

    12. 映画「マリー・アントワネット」感想

      今日、無事に映画「マリー・アントワネット」観行ける事が出来ましたァ| ^∀^)ノ
      感想は続きから読んで下さいね(´▽`*)

      トラックバック by 自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪ — 2007/1/28 日曜日 @ 0:32

    13. 「パンが無ければ、ケーキを食べれば良いじゃない。」

      映画界の巨匠、フランシス・フォード・コッポラ監督。その娘で、やはり映画監督のソフィア・コッポラ女史が監督した作品「マリー・アントワネット」を鑑賞。

      *****************************
      時は18世紀。プロイセンの脅威からフランスとの同盟関係を強化すべく、オーストリアの皇女マリア・アントーニアは14歳の若さでフランス国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト(後のルイ16世)と政略結婚させられ、フランス王太…

      トラックバック by ば○こう○ちの納得いかないコーナー — 2007/1/28 日曜日 @ 2:50

    14. マリー・アントワネット(映画館)

      恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら・・・

      トラックバック by ひるめし。 — 2007/1/28 日曜日 @ 14:40

    15. 【劇場映画】 マリー・アントワネット

      ≪ストーリー≫
      オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。(goo映画より)

      賛否両論分かれた映画だというけど、なんとなくわかりました。
      歴史…

      トラックバック by ナマケモノの穴 — 2007/1/28 日曜日 @ 19:45

    16. マリー・アントワネット

       長女のたっての希望で映画『マリー・アントワネット』を観に行きました。 中身は、例の激動の生涯を駆け足でたどったストーリーですが、音楽に関してパンク以降のニューウェイヴを中心に使ってるトコがかなり斬新でした。 いきなりオープニングから、あまりにもソリッ……

      トラックバック by SYSTEMSOFSILENCE+ — 2007/1/28 日曜日 @ 23:09

    17. ★「マリー・アントワネット」

      衝撃っ
      ひらりん、ダンスト派に転向か???
      今週も、見たい作品が目白押しなのに・・・ついついこの映画をチョイスしちゃうとは・・・。

      トラックバック by ひらりん的映画ブログ — 2007/1/29 月曜日 @ 3:05

    18. 『マリー・アントワネット』

      映画部、今年の第一弾はお洒落なこちらの作品です〜!

       マリー・アントワネット

      実際のヴェルサイユ宮殿を見に行き、ベルばらの漫画も持っているので
      とっても楽しみにしておりました。

      オーストリア皇女アントワーヌは母親マリア・テレジアの命により
      フランス王太子のもとへ嫁ぐことになった。この時14歳。
      未来の王妃マリー・アントワネットとしての
      ヴェルサイユ宮殿での生活に戸惑うマリー。
      周囲から後継ぎをせかされ、しかし夫のルイには指1…

      トラックバック by となりのケイコさん — 2007/1/29 月曜日 @ 20:47

    19. マリー・アントワネット<ネタバレあり>

      キルスティン・ダンストってこんなに可愛かったっけスパイダーマンのヒロイン役で出てきた時は (=_=;)ナント マア!と思ったもんですが マリー・アントワネットになった彼女はめっちゃ可愛かったですね〜とっかえひっかえ出てくるドレスは(今風になってるみたいや……

      トラックバック by HAPPYMANIA — 2007/2/2 金曜日 @ 5:22

    20. マリー・アントワネット

       オーストリアの皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は、母の命令によりフランス王太子の元に嫁ぐ事になった。

       オーストリアとパリの国境で祖国を捨て、迎えの儀式により彼女は涙を見せる。しかし、新しい生活への期待と眺望はアントワーヌの眼…….

      トラックバック by とにかく、映画好きなもので。 — 2007/2/4 日曜日 @ 14:20

    21. マリー・アントワネット★★★☆劇場17本目・マリーという一人…

      1年以上前から、撮影しているという情報があってずっと楽しみにしていた、『マリー・アントワネット』を、1/26(金)に『なんばTOHOシネマ』で観てきました。時代背景は誰もが知っているでしょうから、この映画の解説は簡単に。有名な悲劇の王妃マリー・アントワ……

      トラックバック by kaoritalyたる所以 — 2007/2/4 日曜日 @ 17:27

    22. だって女の子なんだもん【マリー・アントワネット】

      さすがソフィア・コッポラです。 時代劇をここまでアレンジしてしまうとは。 この衝

      トラックバック by 犬も歩けばBohにあたる! — 2007/2/5 月曜日 @ 19:16

    23. マリー・アントワネット

      監督自身がマリー・アントワネットなんじゃない?
      ってほど豪華だった^^

      監督 ソフィア・コッポラ

      出演 キルスティン・ダンスト

      70年代後半から80年代にかけて流行った、
      ポップミュージックを織り交ぜて、
      マリー・アントワネットがフランス王太子に嫁ぐところから、
      市民に囚われる前までを描いた作品。
      音楽はポップだし、派手で下品な作風を想像してたんですが、
      全くそんなことはなく、逆に上品であったようにも思えました。
      この映画を批判的に語る人は、
      ポスト・パンク…

      トラックバック by PLANET OF THE BLUE — 2007/2/6 火曜日 @ 1:37

    24. マリー・アントワネット

      与えられし 運命の中での 生命謳歌 

       あの訳の分からない国のおかしな街、それって東京のことなんだけど、たまたま旦那の仕事についてきたばかりに放り出され、行き場を失う若妻の話「ロスト・イン・トランスレーション」を描いたソフィア・コッポラ監督作品。今回の「マ…

      トラックバック by 空想俳人日記 — 2007/2/6 火曜日 @ 12:38

    25. 映画「マリー・アントワネット」の巻

      ソフィア・コッポラ監督のサントラ選曲が、毎回毎回ぼく好みなので「マリー・アントワネット」にも大いに期待し、いざ映画館へ!ぼくの音楽のツボを押してくり!
      映画が始まるやいなや、Gang of Fourが。さすがです、コッポラのお嬢さま。また、バウ・ワウ・ワウやアダム・アントという80sの一発屋的なバンドを選曲するあたりも素晴らしい。ぼくの発見ですが、劇中でマリー・アントワネットと不倫する将校の顔はアダム・ア�…

      トラックバック by フミセイロとサツマヘコのなんちゅうことない日々。 — 2007/2/14 水曜日 @ 12:50

    26. 映画『MARIE ANTOINETTE』劇場鑑賞

      Sofia Coppola監督&Kirsten Dunst主演で話題の映画『MARIE ANTOINETTE』を観て来ました。今年に入ってからなかなか映画館に足を運べなくて、やっと今年の初映画鑑賞となりましよ~。 日本では『ベルサイユのバラ』のお陰で悲劇の王妃として有名なMarie Antoinetteを、Sofi…..

      トラックバック by 蛇足帳~blogばん~ — 2007/2/14 水曜日 @ 23:26

    27. マリー・アントワネット

      フランス王、ルイ16世の妃だったマリー・アントワネット。フランス革命の際に、ギロチン台の露と消え、悲劇の王妃として(あるいは、「ベルサイユのバラ」の主要な登場人物として)有名ですが、そのマリー・アントワネットがフランスの王太子だったルイと結婚する頃から王室に反旗…

      トラックバック by 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ — 2007/2/16 金曜日 @ 7:11


    コメント

    1. ご無沙汰してました。
      昨日はコメントもするつもりがTBだけしっぱなしになってすいません。
      個人的には、内容うんぬんよりむしろ音楽を中心に楽しめました。

      コメント by PTR — 2007/1/29 月曜日 @ 20:30

    2. >PTR さん

      こちらこそごぶさたしてしまいました。

      >個人的には、内容うんぬんよりむしろ音楽を中心に楽しめました。

      音楽的にはクラシックとニュー・ウェーブ両方使っちゃうあたりが
      やっぱりソフィア・コッポラのセンスだと感じたし、面白かったですね。

      コメント by Black Pepper — 2007/1/30 火曜日 @ 10:51

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>