EclipseでPHPは書けるようになったんだけどHTMLファイルもあいかわらず書くし、
そんなときにいちいちエディタに戻るのも非効率。

ということでHTMLエディタ機能のあるプラグインを探しました。

導入にあたっては下記の記事を参考にしました。

【連載 】第4回 Eclipseプラグインを使ってみよう HTMLEditor (スタックアスタリスク)

EclipseHTMLEditorは日本で開発されているプラグイン。

HTML、JSP、XMLファイルが扱えます。
こちらからダウンロードしました。

最新版は2.0.4。tk.eclipse.plugin.htmleditor_2.0.4.zipをダウンロードして解凍。
解凍してできたフォルダを「(Eclipseのインストール・フォルダ)/pluginフォルダ」以下にコピー&ペースト。

これで使えます。

新しくHTMLファイルを作るには
「新規」→「ファイル」→「その他」を選ぶとウィザードが開くので
そこから「Amateras」→「HTMLファイル」を選択します。

これで基本的なタグが生成された状態で新しいHTMLファイルが開きます。

既存のファイルを開くには
「ナビゲーター」ベインにて開くHTMLファイルにポインタを合わせて右クリック、
「アプリケーションから開く」→「Amateras HTMLエディタ」で開きます。
1度行えばそのセッション中はダブルクリックで通常に開けます。







関連記事(試験運用中)

  • EclipseとPHPEclipseの導入メモ(1)
  • Eclipse3.3をインストール
  • EclipseのプラグインDbEdit
  • EclipseとPHPEclipseの導入メモ(2)
  • 【PHP】EclipseでのDBGのインストールと設定




  • コメント/トラックバック:0 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/2159/trackback

    この記事にはまだコメントがついていません。

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>