アウト・オブ・サイト(1998年 / アメリカ)

アウト・オブ・サイト

監督: Steven Soderbergh スティーヴン・ソダーバーグ
原作: Elmore Leonard エルモア・レナード
音楽: David Holmes デイヴィッド・ホームズ

キャスト(役名)
George Clooney ジョージ・クルーニー(Jack Foley)
Jennifer Lopez ジェニファー・ロペス(Karen Sisco)
Luis Guzman (Chino)
Paul Soileau ポール・ソリュー(Lulu)
Catherine Keener キャサリン・キーナー(Adele)
Ving Rhames ヴィング・レイムス(Buddy Bragg)
Dennis Farina デニス・ファリーナ(Marshall Sisco)
Steve Zahn スティーヴ・ザーン(Glenn Michaels)

(あらすじ goo映画)
銃を持たずに銀行を襲うプロの銀行強盗ジャック・フォーリー(ジョージ・クルーニー)は、逃走用の車の故障で運悪くフロリダの刑務所に収監される。ジャックは相棒のバディ(ヴィンク・レイムス)と脱獄し、刑務所内で知り合った株屋のリプリー(アルバート・ブルクッス)が自宅に隠し持つダイヤモンドの原石を盗んで足を洗うと計画をした。ところが脱獄しようとしたところを、召喚のため刑務所に立ち寄った連邦保安官のカレン・シスコ(ジェニファー・ロペス)と鉢合わせ。ショットガンでジャックの脱獄を阻止しようとするカレンだが、バディに捕まりジャックとともに車のトランクに押し込められ逃走に付き合うはめに。ジャックとカレンは車のトランクの中で会話するうち互いに好意を抱き始める。カレンはハイウェイで二番目の逃走車を準備していたグレン(スティーヴ・ゼーン)の車に乗せられ、ジャックたちはまんまと逃走に成功。デトロイトへと向かった。ジャックを追ってきたカレンは、ホテルのバーでジャックと再会し、互いの立場の違いに戸惑いつつも互いに恋に落ちたことを認め、ベッドへ。元刑務所仲間のスヌーピー・ミラー(ドン・チードル)とともにリプリーの屋敷へ盗みに入るが、スヌーピーの仲間たちのせいで大騒動になり、そこにカレンが現れた。迷いながらもジャックの足を撃ち逮捕するカレンだったが、刑務所へ護送するためふたりはもう一度再会する。護送車にはジャックのほかに脱獄のプロも乗っており「9回脱獄した」と自慢する。ジャックたちの会話を聞きながらカレンは意味ありげに微笑むのだった。

ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグは名コンビだ。
ソダーバーグの「オーシャンズ11」「ソラリス」にクルーニーが主演、
クルーニーの初監督作品「コンフェッション」にソダーバーグが監修で関わるなどその関係は密接だ。どれもヒトクセあるクライム・ストーリー的な要素がある。
その中でも初期にあたるこの「アウト・オブ・サイト」はB級のハードボイルド作家としては最高のエルモア・レナードが原作というこの上なく「男くさい」映画。

天性の銀行強盗、ジャック・フォーリーをひょうひょうと演じるクルーニーは、底の知れないキャラクターで実に魅力的だ。笑ってるんだけど目が笑っていない。ユーモアを忘れずに、あくまでジェントルな佇まい(銀行強盗のときも行員の女性に軽口を叩くことを忘れない)ながら、非情な殺し屋でもある。

それからジェニファー・ロペスも見事。
まだ彼女の映画ってほとんど観てないのでいまだに「ラテンのポップス歌手」「ファッション・リーダー」というイメージの方が強かったんだけど、ここでは「恋に溺れそうで溺れない」保安官を演じていてなかなかにクールだ。

フォーリーは自分達2人の関係を「華麗なる賭け」のスティーヴ・マックィーンとフェイ・ダナウエィに例えるけれど、それもそんなに的外れとも思えない。
カレンがしっかりと「強い」ところが現代的。

それにこの2人、声がとてもセクシーだ。
ごく普通の会話でもささやくように、語りかける。
なんだか魔法にかけられたかのような気分だ。
この映画はセリフもとてもしゃれている。

相棒のバディ役のヴィンク・レイムスやカレンの父マーシャル役のデニス・ファリーナも実に渋い的確な演技を見せる。

製作にも関わったダニー・デヴィートも少し顔を見せる。

音楽も実に渋い。
デヴィッド・ホルムズのてがけたスコアはジャジーでしゃれてるし、モンゴ・サンタマリアの「ウォーターメロン・マン」やワルター・ワンダレイの「ワン・ノート・サンバ」「イパネマの娘」などが効果的に挿入される。
特に何度もイントロがかかりながらエンディングで完奏されるアイズレー・ブラザーズの「It’s Your Thing」は一気に「レナード・ワールド」に観客を引きづりこむ磁力を持っている。

タランティーノやロドリゲスが好きな人にもお勧めできると思う。
やはりソダーバーグとクルーニーは名コンビだ。

画像クリックでamazonへ






関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:3 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/896/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. モンゴ・サンタマリア (Mongo Santamaria)

      モンゴ・サンタマリア (Mongo Santamaria)ジャズ パーカッション奏者 モンゴ・サンタマリア(1922~2003)はキューバのハバナで生ま れる。ハバナのクラブを中心に活動していたが、1950年 活動拠点をニューヨークに移転。ペレス・プラード楽団に所属 した。1950年代後…..

      トラックバック by 楽しい音楽を聴く♪ — 2005/12/20 火曜日 @ 3:41


    コメント

    1. ●Black Pepperさん、こんばんは。
      モンゴ・サンタマリア (Mongo Santamaria)
      http://music-review.info/article/10776198.html
      へのコメントありがとうございました。

      そうですね。モンゴ・サンタマリアはキューバらしいパーカッションの楽しさを教えてくれるすばらしいアーティストだと思います。夏が待ち遠しいですねw

      コメント by ponty — 2005/12/20 火曜日 @ 21:15

    2. >ponty さん

      どうもこちらにもありがとうございました。
      モンゴ・サンタマリアは詳しくはないですが(笑)、好きですね。
      やっぱりラテンっぽい曲は自然に足が動いて(笑)。
      夏が待ち遠しいです。

      Cal Djaderの「Concerts in the Sun」にもMongoは参加していて
      ここにその感想を書いてあります。

      http://blackpepper.cocolog-nifty.com/site/2004/10/cal_tjaderconce.html

      コメント by Black Pepper — 2005/12/20 火曜日 @ 21:40

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>