このところ映画観る回数減ってる。

厳選してるってわけでもない。
ただやっぱね、映画特に劇場で観たほうがいろんな意味で刺激受けるし、いいですね。
安売りチケット探そ(笑)。

この間から公開のこの映画観てきました。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (2007年 / 日本)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

写真クリックで公式サイトへ

監督:松岡錠司
原作:リリー・フランキー
脚本:松尾スズキ
出演:
オダギリジョー
樹木希林
内田也哉子
松たか子
小林薫

(あらすじ goo映画 )
1960年代。3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。オカンは女手ひとつでボクを育てた。オカンの作る美味しいご飯を食べて、ボクは成長した。15歳になって、ボクはこの町を出て行きたくなった。大分の美術高校に入学し、東京の美大をなんとか卒業するが、仕事もせずに、仕送りしてもらい、更に借金を重ねていた。そんな中、オカンが癌に侵されていることが分かった。

まぁ原作ものといえば究極の原作もの。
ただ僕はリリー・フランキーの原作読んでないからね。
純粋に単体作品としての評価で。

誰にも身に覚えのあるというか、
「親の愛情には絶対かなわない」
って思わせる映画で。

樹木希林(若いころのオカンは娘の内田也哉子が演じる)が息子になにをされても
「ええのん、ええのん」と目でそれを受け入れてしまう。
ダメだなぁと思いつつもそれに甘え、借金し、
その日暮らしの東京暮らしを続ける「ボク」(オダギリジョー)。

ようやく食えるようになって
九州からオカンを呼ぶ。
「ボク」の周りの人たちはみんなどこかとぼけたオカンのご飯が食べたくて
ボクのうちに集まってくるように。
ようやく親孝行ができるようになった頃、オカンの癌が見つかった。

後半の展開はわかってはいるんだけど
なんだかヤラれちゃって。
オトン(小林薫)とのシーンも抑えてたけどいい感じで。

経済的には恵まれてるからこその闘病生活(引っ越すたびにマンションが広くなっていく)
なのかもしれないけど、そこにオカンと住みたいという願いは切実なもので。

誰にしても変わらないものなのかもしれない。

東京に来れば東京タワー。
こういう感覚ってある人にはあるのかな。
忙しいとほんと見上げるだけのあのタワー。

ところで僕も「映画ブログ」「人気ブログランキング(映画 Ranking)」に参加しています。
気に入ってもらえたらクリックしてもらえるとうれしいっす。

blog_ranking.gif







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:20 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/2084/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』…

      2時間ドラマと、連続ドラマと、そして映画。その度にどこかで必ず泣かされます。ひたひたと心に沁み入ってくる熱い想いに、「なぜこのありきたりに思えるストーリーに、ここまで心 (more…)

      トラックバック by 試写会帰りに — 2007/4/27 金曜日 @ 0:55

    2. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン…

      ヘルメットを描くよりオッパイを描いたほうが・・・ (more…)

      トラックバック by ネタバレ映画館 — 2007/4/27 金曜日 @ 1:47

    3. 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』…

      オカン、ありがとうね。
       
      ■監督 松岡錠司 ■脚本 松尾スズキ■原作 リリー・フランキー(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」扶桑社刊) ■キャ (more…)

      トラックバック by 京の昼寝~♪ — 2007/4/27 金曜日 @ 8:14

    4. 東京タワーを・・・ううっ…

      東京にきたらいいやん 東京タワー オカンと僕と、時々、オトン を観てきました。素晴らしい。 「泣くスイッチがたくさんあるんだろうなあ。 またいっぱい押すんだろうな (more…)

      トラックバック by プリンに抹茶と生クリーム — 2007/4/28 土曜日 @ 2:25

    5. 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』…

      原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ
      CAST:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫 他

      STORY:1960年代、小倉に暮らすボクは、オカン(内 (more…)

      トラックバック by Sweet* Days — 2007/4/28 土曜日 @ 15:22

    6. 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」みんな知ってる物…

      「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★泣ける!
      オダギリジョー、樹木希林主演
      松岡錠司監督、2007年

      原作がヒットしドラマ化と露出過多 (more…)

      トラックバック by soramove — 2007/4/29 日曜日 @ 11:33

    7. 映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」…

      親ってそうなんだよね・・なんの楽しみがあったのだろう、なんのために生きてきたのだろう、人生って一体なんだったのだろう、ただ子供のために生きて死ぬ・・

      (more…)

      トラックバック by 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ — 2007/5/1 火曜日 @ 1:24

    8. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン…

      愛すべき母と息子たちへ。母と娘たちへ。 (more…)

      トラックバック by 悠雅的生活 — 2007/5/1 火曜日 @ 9:33

    9. 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」」…

      「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」」

      原作は読んで、泣いた。
      でも、先に原作で読んでしまってたので、
      映画はちょっと冷静に見てしま (more…)

      トラックバック by 月影の舞 — 2007/5/1 火曜日 @ 16:19

    10. 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』舞台挨拶@丸の内…

      『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1に続いての生オダジョー。あれはホント酷かった(爆)さて田中裕子・大泉洋による2時間ドラマ版、最終回だけ見たw倍賞美津子・速水もこみちによる (more…)

      トラックバック by |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο — 2007/5/1 火曜日 @ 19:13

    11. 【2007-52】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン…

      いつも笑っていた

      みんなが好きになった

      ずっと一緒だと思っていた

      これは、
      ありふれた物語

      けれど、
      すべての人の物語

      (more…)

      トラックバック by ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! — 2007/5/3 木曜日 @ 21:52

    12. 真・映画日記『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』…

      4月26日(木)◆423日目◆

      終業後、有楽町のマリオンの9階で
      『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を見た。

      う〜〜〜ん、正直、微妙でしたなあ… (more…)

      トラックバック by            — 2007/5/9 水曜日 @ 22:54

    13. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 観てきました…

       記事を書くのがだいぶ遅くなってしまいましたが、ゴールデンウイーク9日中(5/1,2は出勤日)最終日は東京タワー オカンとボクと、時々、オトンを観てきました。 (more…)

      トラックバック by よしなしごと — 2007/5/17 木曜日 @ 4:08

    14. 東京タワー…

      東京タワー オカンとボクと、時々、オトン    4月14日より公開  公式ホーム (more…)

      トラックバック by いろいろと — 2007/5/19 土曜日 @ 23:22

    15. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン…

       一昨年あたりから、母親・昭和30~40年代などをキーワードとした作品が目白押しです。  今回もまたかという感じでしたが、本作はなかなかよい。  一口にいうと、放蕩息子 (more…)

      トラックバック by シネクリシェ — 2007/5/21 月曜日 @ 4:49

    16. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン…

      この作品、沢山映像化されてますが未見です。
      本は読みました。
      映画館客層は、意外にもかなり年齢層が高かったです。

      1960年代。
      3歳のボクは、遊び人のオト (more…)

      トラックバック by 映画、言いたい放題! — 2007/5/29 火曜日 @ 17:35

    17. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン−(映画:2007年…

      監督:松岡錠司
      出演:オダギリジョー、樹木希林、小林薫、内田也哉子、冨浦智嗣、田中祥平、谷端奏人、松たか子、伊藤歩、平山広行、勝地涼、荒川良々

      評価:93点 (more…)

      トラックバック by デコ親父はいつも減量中 — 2007/12/2 日曜日 @ 21:19

    18. 東京タワー(感想122作目)&疾風伝&メイド刑事…

      東京タワー オカンとボクと、時々オトンは映画Ch鑑賞で
      結論はドラマSP大泉&映画オダギリ&連ドラ速水の順番だ

      内容は主人公が病気のオカンと酒飲みのオトンとの (more…)

      トラックバック by 別館ヒガシ日記 — 2009/7/11 土曜日 @ 14:33


    コメント

    1. Black Pepperさん、コメント、ありがとうございましたm(__)m
      リニューアルされてシンプルで見易くなりましたね^^

      TVスペシャル版、月9、そして映画版と観て来ましたが、どのオカンにもやはり泣かされてしまいました。いい大人になっても、やはりオカンには頭が上がりません。年に2回程度しかオカンに会えませんが、だんだん背中が小さく丸まっていくのを見ると寂しくなりますね・・・。親孝行しなきゃ(汗)
      こちらこそ、これからもよろしくお願い致しますm(__)m

      コメント by cyaz — 2007/4/27 金曜日 @ 8:20

    2. > cyaz さん

      どうもさっそくのご訪問ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

      >TVスペシャル版、月9、そして映画版と観て来ましたが、どのオカンにもやはり泣かされてしまいました。いい大人になっても、やはりオカンには頭が上がりません。

      なるほど。
      全部ごらんになってくるとまた違った感想になるのかもしれませんね。この映画に関しては淡々としてたけど、芸達者なみなさんで、安心して観られました。

      親孝行は僕もまだぜんぜん足りませんね(汗)。
      あ~やっぱかなわないかもなぁ。

      コメント by Black_Pepper — 2007/4/27 金曜日 @ 20:14

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>