「ふにゃーん」とした雰囲気の予告編が気になって。
「かもめ食堂」を観てきました。
これは単館上映で銀座のシネスイッチ銀座で。
けっこう年齢層は高かったけど満席で、パンフレットも入荷待ちという状況だった。

かもめ食堂 (2005年 / 日本)

kamome_syokudou.jpg

写真クリックで公式サイトへ

監督・脚本 : 荻上直子
出演:
小林聡美
片桐はいり
もたいまさこ
マルック・ペルトラ
ヤルッコ・ニエミ
ほか

(あらすじ goo映画 )
フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメニューはおにぎり。でもお客さんはなかなかやってきません。サチエさんは扉が押される日を待ちながら、食器を磨き続けます。ある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミがやってきました。日本かぶれの彼に、「ガッチャマン」の歌詞を聞かれたサチエさんは出だししか思い出せません。続きが気になって仕方ないサチエさんは、カフェで見かけた日本人女性に声をかけるのでした。

ストーリーらしいストーリーはないけれどそこにただよう空気感はとてもここちよい。

日当たりのいい食堂。
お客はやってこないけれど、楽しそうに料理をし、店を切り盛りするサチエさん(小林聡美)。
近所のおば様方は「なんて小さな子だろうね」とうわさをし、店をのぞくが
彼女が笑いかけると、目配せしあって去っていく。
誰もいないお店には入りづらいものだ。

日本かぶれで友達のいなそうな(笑)、オタク青年トンミがふらりとやってきて。
最初のお客の彼には「永久に無料」のコーヒーを進呈。
彼はマウンテン・バイクでお店に乗りつけ、いつも決まって窓際の席に座る。
いついてしまったのだ。

彼に聞かれたガッチャマンの歌を完璧に歌えたわけありの旅行者ミドリさん(片桐はいり)を
家に泊めることになり、お店も手伝ってもらうことに。

ミドリさんのすすめでおにぎりにフィンランドの具材を使ってみたり、
料理に工夫をするうちに、その「いい匂い」にひかれて
1人また2人と常連客が増えていく。
その中にはまた「わけあり」の人もいるのだが・・・。

小林聡美のキャラがとてもいい。
肩に力が入っていないし、笑いのツボがどこかとぼけていておかしい。
「ガッチャマン」や「ムーミン」、ヨガに太極拳と海外にいくとよりベタな日本のものが恋しくなるものだ(笑)。
それになによりも人に向ける笑顔、「いらっしゃい」の笑顔がとてもいい。
これが彼女の最大の武器。
それでも日本ではなくフィンランドであえて日本風の食堂を開こうとするのには
なにかしらの理由があるはずで。
この人と片桐はいりのコンビはとてもいい。
後半出てくるもたいまさことフィンランドのおばさんの組み合わせもなんともいい。

それと出てくる料理がどれもおいしそうで。
3種類のおにぎりに、鮭の網焼き、肉じゃがになすの揚げ煮。
彼女がおにぎりにこだわるのにもそれなりにわけが。
でもお店にお客さんが入るようになったきっかけはフィンランドの人の好きな
シナモンロール、それにあるお客から教えてもらったコーヒーをおいしく淹れるコツ、
この2つからだった。

やっぱりひとりよがりじゃダメで人に喜んでもらうこと、それを考えることからなんでも始まるんだな、
なんてことを教えてくれるようなシーンだ。

お店は派手ではないけど丁寧に磨きこまれた食器や調理器具、テーブルは清潔感があるし、
北欧らしい落ち着きのある店内はほんとに居心地がよさそう。

それぞれのかかえる問題もおいしい料理や気持ちいい空間で「少しだけ前に」
気持ちを入れ替えることでじょじょに回転し始める。

とてもおだやかでいて後味のいい、映画でした。

でも観終わった後すごくお腹減ってたな(笑)。







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:9 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1645/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. ナイステイスト!!「かもめ食堂」

       笑わせて泣かせる。これはチャップリン以来の映画の王道だと思うが、「かもめ食堂」(萩上直子監督・脚本)はこれをさらっとやってのけた。今年観た日本映画では「博士の愛した数式」と並ぶ傑作かもしれない。前評判を知らず、単にいつも参考にしている「MovieWalker」の「……

      トラックバック by 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 — 2006/4/9 日曜日 @ 12:01

    2. かもめ食堂

      プリティ・ヘレンを観る為の時間潰しに入ったこの映画ですが・・・劇場は立ち見が出るくらいの大盛況だったし映画も最高によかったです。会社帰りの金曜日に心癒され、なんだか豊かな気持ちになって劇場を後にしました。

      群ようこが本作のために書き下ろした小説を、『……

      トラックバック by Alice in Wonderland — 2006/4/11 火曜日 @ 15:10

    3. かもめ食堂

      邦題:かもめ食堂 原作:「かもめ食堂」群ようこ 監督:荻上直子 出演:小林聡美

      トラックバック by Pocket Warmer — 2006/4/13 木曜日 @ 9:20

    4. 『かもめ食堂』

      それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。
      ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬舎刊)■キャスト 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ペルトラ、ヤルッコ・ニエミ□オフィシャルサイト  『かもめ食堂』 フィンランド、ヘルシンキの街角でオー�…

      トラックバック by 京の昼寝〜♪ — 2006/4/19 水曜日 @ 8:28

    5. 映画のご紹介(149) かもめ食堂

      ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(149) かもめ食堂-かもめ食堂の静けさが心地よい。

      昔、太った三毛猫を飼っていて、その猫に餌をやり続けたらその猫はますます太ってしまった。
      その猫が死に、サチエ(小林聡美)は大い…….

      トラックバック by ヒューマン=ブラック・ボックス — 2006/7/5 水曜日 @ 7:16


    コメント

    1. TBありがとうございましたm( )m

      こんな食堂で日がな一日、ノンビリまったり過ごしてみたいですね(笑) 長居すると日本の生活に戻れなくて永住しちゃうでしょうね(笑)?!
      キャッチコピー通りの美味しい空気感満点の映画でした^^

      コメント by cyaz — 2006/4/19 水曜日 @ 8:35

    2. >cyazさん

      どうもいつもありがとうございます。

      この映画はかなり気に入りました。
      しばらく劇場に行ってませんがそろそろ落ち着いてきたんでしょうかね。
      パンフ欲しいです(笑)。

      >長居すると日本の生活に戻れなくて永住しちゃうでしょうね(笑)?!

      そうですねぇ(笑)。
      1日1人のお客を待つなんて気長なことは日本じゃなかなかできませんよね。

      >キャッチコピー通りの美味しい空気感満点の映画でした^^

      なんだか海の近くでもいいし、知らない町でもいいし
      どこか行ってみたくなりました(笑)。
      かなり癒し感のある映画でしたね。

      それじゃまた。

      コメント by Black Pepper — 2006/4/19 水曜日 @ 13:25

    3. こんにちは、jamsession123goです。
      リンクをたどってやってきました。
      この監督の映画は、以前に「恋は五・七・五」をみたのですが、この映画はそれより遙かに良かったですね。
      意外だったのは、小林聡美が美しく撮れてるということ。
      意外な一面を見た気がします。
      映画は、静けさの中にしみじみとした味わいがあり、終わった後から感動が押し寄せてくる感じでした。
      良い映画でしたね。

      コメント by jamsession123go — 2006/7/1 土曜日 @ 20:08

    4. >jamsession123goさん

      こんばんは。お返事遅くなってすみません。

      「恋は五・七・五」ですか。
      ノーチェックでした。今調べてみたらそちらにももたいまさこさんが出てますね(笑)。

      「かもめ食堂」は不思議におだやかでのんびりしていて
      いやされる映画でした。
      そうそう小林聡美さんがとてもきれいに映っていましたね。
      演技自体は(ガッチャマンの歌などのとぼけたところはあったものの)
      過剰な部分やおかしなところがなくて自然なものでしたが。

      この映画って不思議な無国籍感があって別に舞台がフィンランドじゃなくても
      いけるような気がしました。
      製作者側にしてみれば「フィンランドでなければ」という理由もあったのかもしれませんが。

      観終った後に不思議に洋食や、じゃなかったら単なるおむすびを食べたくて仕方なかった(笑)ことを覚えてます。

      コメント by Black Pepper — 2006/7/5 水曜日 @ 0:07

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>