劇場公開時に見逃した「メゾン・ド・ヒミコ」がレンタル開始されてたので
観てみました。

メゾン・ド・ヒミコ(2005年 / 日本)

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産) オダギリジョー 犬童一心 柴咲コウ

Amazonで詳しく見る by G-Tools


監督 : 犬童一心
出演 :
オダギリジョー
柴咲コウ
田中泯
歌澤寅右衛門
ほか

(あらすじ goo映画 )
わけあって借金を抱えてしまい、昼はしがない会社の事務員、夜はコンビニのバイトをして働く24歳の沙織は、いっそ風俗ででも働こうかと思い悩んでいる。身近に気になる男性もいるが、ままならず。そんなある雨の日、彼女のもとに若くて美しい男が訪ねてくる。青年の名はは岸本春彦。春彦は、沙織の父が癌で余命幾ばくもないと言い、父の経営する老人ホームを手伝わないかと誘う。沙織の父・照雄は幼い沙織と母親を捨て、ゲイバー「卑弥呼」の二代目を継ぎ、そして今は神奈川県の海岸近くにゲイのための老人ホームを作ったというのだ。そして春彦は、父の恋人だった。父を憎み、その存在さえも否定してきた沙織だが、破格の日給と遺産をちらつかされ、老人ホームの手伝いに行くことを決意する。翌日曜の朝、沙織はおそるおそる老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」の門をくぐる。プチ・ホテルを改装した洒落た建物には、個性的な住人ばかりが暮らしていた。

「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督作品。

思い切った設定だけど意外にどぎつくはなくって。
ゲイばかりの老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」に放り込まれた
ごく普通の女性沙織(柴咲コウ)。

そこで会う人々はみなどこかに傷をもち、
頼りなげな笑顔で沙織をつつみこむ。

幸せの形は人それぞれだし、この舞台は
「もっと自由に生きていいんだよ」
ということのメタファーなのかも知れないと感じました。

柴咲コウの背筋の張った感じと
数々の老人たち、特に田中泯と歌澤寅右衛門(長門裕之かと思った)最高!







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:4 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1646/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. メゾン・ド・ヒミコ

      <メゾン・ド・ヒミコ>
      あらすじ:事務の仕事をして生活している沙織(柴咲コウ)は母親を捨てたゲイである父親を気嫌いしている。ある日春彦(オダギリジョー)という名の父親の恋人が現れ、父親が癌で余命幾ばくもない事を知らされる。高級バイトとしてでもいいから父親…….

      トラックバック by 映画醒酔 — 2006/3/23 木曜日 @ 2:24

    2. メゾン・ド・ヒミコ

      書こう書こうと思いながら、なかなか時間がなく書けなかったのですが、この映画とってもよかった!♪☆メゾン・ド・ヒミコ☆(2005)犬童一心監督オダギリジョー柴咲コウ田中泯ストーリーゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)。彼女……

      トラックバック by ぷち てんてん — 2006/4/16 日曜日 @ 20:35


    コメント

    1. 大変ご無沙汰してます。

      久しぶりにお邪魔しました。
      この作品は、義姉から勧められている作品です。
      まだ未見なのですが、機会があったら観ようと思ってます。
      同じゲイを扱った作品で、「ブロークバック・マウンテン」を観ました。
      静かで繊細な作品でした。

      又お邪魔しますね。

      コメント by romy♪ — 2006/4/1 土曜日 @ 14:42

    2. >romy♪ さん

      どうもこちらこそたいへんご無沙汰しています。

      この作品で出てくるゲイだけが集まる老人ホームというのは
      採算を考えたらちょっとありえない感じですし、
      ある意味日常生活の枠を取り外したファンタジックな設定ともいえるかなぁ
      と思います。

      「ジョゼと虎と魚たち」でも感じましたがこの監督さんって、
      けっこう不快感ギリギリの設定をそうならないように撮っているなぁ
      と感じました。
      まぁそれって柴崎コウやオダギリジョーを使ってるってことからもわかるし(笑)。

      「ブロークバックマウンテン」もわりと評判はいいですよね。
      機会があったら見てみようかなと思います。

      コメント by Black Pepper — 2006/4/1 土曜日 @ 20:44

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>