始まりました。「ディパーテッド」。
香港映画「インファナル・アフェア」のハリウッド・リメイク、
それもマーティン・スコセッシ監督に、トニー・レオンが演じた覆面警官にレオナルド・ディカプリオ、アンディ・ラウ演じた警察に巣くうマフィアの内通者にマット・デイモンと超豪華。あのジャック・ニコルソンがやっているのはエリック・ツァンの役ですね。

どこまでも男くさい、いかつい作品になりそうで。
ただ原作がハッキリしてるし、好みの分かれる作品だったのでそのあたりどうなんだろ、というのもありました。

まぁ細かいことを気にせずに観てみました。
わりと客層年齢層高かったです。

ディパーテッド (2006年 / アメリカ)

departed.jpg

写真クリックで公式サイトへ

製作・監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ウィリアム・モナハン
出演:
レオナルド・ディカプリオ
マット・デイモン
ジャック・ニコルソン
ベラ・ファミーガ
マーク・ウォルバーグ
ほか

(あらすじ goo映画 )
貧困と犯罪が渦巻く、ボストン南部で生まれ育った2人の男。犯罪者一族に生まれ、自らの生い立ちと訣別するために警察官を志すビリー。マフィアのボス・コステロに育てられ、忠実な“内通者”となるために警察官を目指すコリン。2人は互いの存在を知らぬまま同じ警察学校で学び、それぞれ優秀な成績で卒業。コリンはマフィア撲滅の最前線に立つ。一方、ビリーに命じられたのは、マフィアへの極秘潜入捜査だった…。

うーん、なるほど。
事前に「インファナル・アフェア」の3部作は見直さないで行ったんですが、
観ているうちにシリーズの内容を思い出してくるというか。
まったくの初めての人には展開が早くてやや不親切な作品に見えたかもしれない。
舞台はアメリカに変わり、香港マフィアはアイルランド・マフィアに変更されていて、
背景として一部チャイナタウンが出てくる以外表面的にはまったく変わっている。
ただ物語のおおまかな構造は同じだ。

覆面警官ビリーとマフィアから警察にもぐりこんだコリン。
彼らをそれぞれ育てた「父」がコステロ(ジャック・ニコルソン)とクィーナン刑事(マーティン・シーン)。
正体を知るのがその父たちのみというある意味「この世から消された」存在(departedは「死者」という意味だそうだがおそらくこの意味からだろう)の2人のお互いの組織に入り込んでの孤独な戦い、裏切りを描く。

「インファナル・アフェア」は「1」がメインの話で「2」が2人の青春時代を描いた番外編、「3」が後日談と「1」に隠された知られざるエピソードという凝った構造になっていた。
その分何度も観ないと理解できない、複雑なパズルのような映画だったんだけど、
今回メインの「1」のストーリーに「2」「3」のエッセンスを盛り込むという手法で
時系列的にも最初から素直に進み、その意味ではわかりやすくなっている。

こうなってくるとものをいうのが役者の個性で。
やっぱ「キレてる」あぶない犯罪者を演じさせたらニコルソンはすさまじいし、
ディカプリオも悲劇的な運命にあらがう「影の男」を熱演している。
ただマット・デイモンは知的なことはわかるけど決定的にかっこよくはないので
逆にこの役をディカプリオがやってトニー・レオンの役はたとえばジュード・ロウにやらせたら
どうなるだろう、なんて妄想してしまった。
そういえば原作でケリー・チャンが演じた精神科医とコリンの恋人は1つの役にまとめられてしまっているけどこれもっときれいな人の方がよかったんじゃ。

演出もスコセッシらしい狂気の部分や重厚な雰囲気、暴力描写へのこだわりなど
安心して観られるつくり。
ムダなものをそぎおとして原作よりもスッキリした印象だけど、
その混沌とか異様なスタイリッシュさが
「インファナル・アフェア」のよさだったのかなぁ、と逆に原作のよさを再認識しました。

また観てみようかなぁ。

インファナル・アフェア、レビュー

インファナル・アフェアIII 終極無間、レビュー







関連記事(試験運用中)

  • No related posts




  • コメント/トラックバック:31 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1944/trackback

    トラックバック & ピンバック

    1. ディパーテッド

      見応えはあるのに,印象に残らない。

      トラックバック by Akira's VOICE — 2007/1/26 金曜日 @ 16:52

    2. ディパーテッド

      『インファナル・アフェア』を観た時、暫くうなされた。。。。。皿を洗っている時でも、いきなり「何でっ どうしてトニーがあんな事に〜」と叫び、家族をビビらせた。。。。。そんな香港映画をマーティン・スコセッシ監督がリメイク。怖いなぁ〜(無実の罪系の映画が苦手) でも、オスカーを逃してばかりのスコセッシ&ディカプリオの執念の作品を見逃すわけにはいかないし、どうやら作品賞&監督賞にノミネートされた…

      トラックバック by ★YUKAの気ままな有閑日記★ — 2007/1/26 金曜日 @ 17:17

    3. 『ディパーテッド』

      監督:マーチン・スコセッシ
      CAST:レオナルド・ディカプリオ、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン 他

      ゴールデングローブ賞 最優秀監督賞受賞

      STORY:犯罪者一家に生まれ育ったビリー(レオ)は警官になりマフィアに潜入する。一方マフィアのボスのコステロ(ジャック・ニコルソン)に育てられたコリン(マット・デイモン)は、警察に潜入する・・・

      ちょっと長かったけど、まぁ面白かったです。
      めちゃくちゃ面白いと言うわけでは無いけど、大スター勢揃いの
      スコセッシ監督作品だけあって、…

      トラックバック by Sweet* Days — 2007/1/26 金曜日 @ 17:28

    4. ディパーテッド

      この国はネズミ国家だぜ・・・ということはロシアからやってきた『アメリカ物語』のネズミが先祖なんでしょうか。

      トラックバック by ネタバレ映画館 — 2007/1/26 金曜日 @ 17:35

    5. ディパーテッド/ THE DEPARTED

      顔の系統が同じこの二人が共演だからって、
      『リプリー』みたいに入れ替わる話でも、
      『フェイスオフ』みたいに顔を取り替える話でもないよ{/kaminari/}

      ほんとはフィリップシーモアさんも入れて3兄弟みてみたい♪

      マーティン・スコセッシがまたまたお気に入りのレオナルドディカプリオ起用の新作は
      香港映画好きなら(そうじゃなくても)ご存じ、『インファナルアフェア』のリメイク{/ee_1/}
      +ブラッドピットが製作で参�…

      トラックバック by 我想一個人映画美的女人blog — 2007/1/26 金曜日 @ 18:08

    6. ディパーテッド

      製作年度 2006年
      製作国 アメリカ
      上映時間 152分
      監督 マーティン・スコセッシ
      製作総指揮 G・マック・ブラウン 、ダグ・デイヴィソン
      脚本 ウィリアム・モナハン
      音楽 ハワード・ショア
      出演 レオナルド・ディカプリオ 、マット・デイモン 、ジャック・ニ……

      トラックバック by タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 — 2007/1/26 金曜日 @ 20:17

    7. ディパーテッド

      マーティン・スコセッシ監督+レオナルド・ディカプリオ主演の第三弾は、香港ノワールの秀作『インファナル・アフェア』を、史上最高額でリメイク化権獲得した『ディパーテッド』
      オリジナルは香港映画の中で最も好きな映画なので、楽しみに観てきました。
      ★★★★

      当初はブラッド・ピッドが主演すると噂されていたので、『インファナル・アフェアI』の初回DVDパッケージにもその様に記載されていましたが、いつの間にか彼�…

      トラックバック by そーれりぽーと — 2007/1/26 金曜日 @ 22:15

    8. ネズミ探しの緊張 「ディパーテッド」

      評価:75点

      トラックバック by 平気の平左 — 2007/1/26 金曜日 @ 22:16

    9. Oh ! スコセッシ「ディパーテッド」

      あの香港ノワールの傑作「インファナル・アフェア」(あの、という形容がピッタリ)をマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ(トニー・レオンが演じた役)、マット・ディモン(アンディ・ラウの演じ…

      トラックバック by 映画雑記・COLOR of CINEMA — 2007/1/26 金曜日 @ 22:26

    10. ディパーテッド(評価:○)

      【監督】マーティン・スコセッシ
      【出演】レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/ジャック・ニコルソン/マーク・ウォールバーグ/マーティン・シーン/アレック・ボールドウィン/ビーラ・ファミーガ
      【公開日】200…

      トラックバック by シネマをぶった斬りっ!! — 2007/1/26 金曜日 @ 23:02

    11. ディパーテッド

      「ディパーテッド」 2007年 米

      ★★★

      ↑ この2人似てますよねぇ・・・

      確か、ゴールデン・グローブ賞で作品賞候補でしたよね?
      (゜゜;)エエッ これがぁ~~?
      本家「インファナル・アフェア」が大好きな私だけど「リメイクでも別物」
      と割り切……

      トラックバック by とんとん亭 — 2007/1/26 金曜日 @ 23:57

    12. 『ディパーテッド』

      八リウッドリメイクが決まってから、ずっと楽しみにして待っていました。 監督はマーティン・スコセッシ、主演にレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン。ジャック・ニコルソンがマフィアのボス、というキャスティングだけをとっても期待は増すばかり。ただ、元の作品『…..

      トラックバック by 試写会帰りに — 2007/1/27 土曜日 @ 0:04

    13. 『ディパーテッド』

      ご存じ『インファナル・アフェア』の米国リメイク版。
       んー…マフィアものクライムものを過去何作も作ってきたスコセッシだし、こういう色調の作品だって『イカとクジラ』のおにいちゃんじゃありませんけど、自分だっ…

      トラックバック by flicks review blog II — 2007/1/27 土曜日 @ 1:45

    14. オリジナルを見ているか、見ていないかで…。

      『ディパーテッド/The Departed』(★★★☆☆)
      2006年/アメリカ
      監督/マーティン・スコセッシ
      脚本/ウィリアム・モナハン
      出演/レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーティン・シ…

      トラックバック by アジアンリミックス — 2007/1/27 土曜日 @ 9:26

    15. ディパーテッド★ついに観た!

        夢の共演、レオナルド・デカプリオ、マット・デモン、そしてジャック・ニコルソン、素晴らしいキャスティングの「ディパーデッド」を先日観てきた。香港映画「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク版ということだが、そちらは観ていないので、比較はできないが・・・。個人的にはこの「ディパーテッド」、なかなか良かったし、面白いと思った
      《マフィアに潜入した警察の男VS警察に潜入したマフィ�…

      トラックバック by 銅版画制作の日々 — 2007/1/27 土曜日 @ 14:54

    16. ディパーテッド

      What’s the difference? 警官の世界とギャングの世界、それぞれの世界に相手側のネズミ(スパイ)が潜入し、同僚を裏切り続けている。ギャングのボスコステロ(ジャック・ニコルソン)が描くスケッチのように、ネズミだらけの世…

      トラックバック by Kinetic Vision — 2007/1/27 土曜日 @ 18:58

    17. ディパーテッド

      香港映画「インファナル・アフェア」をなんと
      マーティン・スコセッシ監督、、しかも凄いキャスティンで
      でリメイクすると聞いてずっと楽しみにしてました。
      スコセッシは「全く別物として作った」って言ってるようですが、なんのなんの
      予想以上にオリジナルの「……

      トラックバック by It's a Wonderful Life — 2007/1/28 日曜日 @ 13:11

    18. ディパーテッド

      マーティン・スコセッシ監督ゴールデングローブの監督賞を受賞。

      トラックバック by ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! — 2007/1/28 日曜日 @ 14:11

    19. ディパーテッド The Departed

      レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、
      ジャック・ニコルソン主演

      アイルランド・マフィアのボス フランコ・コステロは
      非情で悪どい手口で南ボストンを牛耳っています

      コリン・サリバンは幼い時犯罪組織のボス コステロに目をかけられ
      教養を身につけ マサチューセッツ州警察に入り
      ボストンで犯罪組織を撲滅しようとする特別捜査官となり
      密かにコステロへ情報を流しています
      コリン・サリバンは捜査室でも重要なポストになるようです

      ビリー・コスティガンは同じようにその特別捜査官となるのですが
      コ…

      トラックバック by travelyuu とらべるゆう MOVIE — 2007/1/28 日曜日 @ 17:50

    20. 映画「ディパーテッド」

      映画館にて「ディパーテッド」

      マーティン・スコセッシ監督が香港映画『インファナル・アフェア』をリメイク。

      香港版が最高に面白いのだから、ハリウッド版も面白くならないわけが無い!香港版では警察学校の頃と、潜入してからの俳優のチェンジに少々戸惑う向きもあったように思う。(もちろん、豪華な4人の共演は目玉だったのだろうけれど) ところがハリウッド版ではコリンの子役だけが登場し(しかもマットに似てた!)すぐさま�…

      トラックバック by ミチの雑記帳 — 2007/1/28 日曜日 @ 18:08

    21. 映画「ディパーテッド」

      2007年7本目の劇場鑑賞です。「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」のマーティン・スコセッシ 監督作品。「インファナル・アフェア」をリメイクした犯罪サスペンス。警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、そんな対照的な2人を待ち受け……

      トラックバック by しょうちゃんの映画ブログ — 2007/1/28 日曜日 @ 20:15

    22. ディパーテッド

      DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆
      公開日:2007年1月20日
      配給:ワーナー・ブラザース
      監督:マーティン・スコセッシ
      出演:レオナルド・ディカプリオ,マット・デイモン,ジャック・ニコルソン
      鑑賞日:2006年1月20日
      MOVIX三郷 シアター11(座席数518)

      【スト……

      トラックバック by CINEMA DEPOT's BLOG — 2007/1/29 月曜日 @ 22:15

    23. ★「ディパーテッド」

      香港映画「インファナル・アフェアー」のハリウッドリメイク版。
      警察とマフィアのそれぞれが、敵にスパイを送りあう・・って話。
      主演はレオナルド・ディカプリオ。
      共演は、まっと・でいもん・・・いや、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンほか。

      トラックバック by ひらりん的映画ブログ — 2007/1/31 水曜日 @ 1:24

    24. ディパーテッド

       香港映画の「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク版。「インファナル〜」はすごく面白いと聞いていたのですが、まだ見る機会に恵まれず・・・。今回、この映画を見るにあたって、先に見ようかなーと思っていたのですが、先入観なしに見た方がいいかなと思ってやめました。
      なので、以下の感想は、「インファナル〜」を見ていない上での感想になります。

       簡単なあらすじですが、
      新人�…

      トラックバック by Yuhiの読書日記+α — 2007/2/4 日曜日 @ 23:56

    25. ディパーテッド

      ネズミ算 生くる術の 社会学 

       大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」のリメイク版だとか、監督は「グッドフェローズ」「アビエイター」のマーティン・スコセッシだとか、ハリウッドの豪華キャスト、主演はレオナルド・ディカプリオとマット・デイモン、共演に…

      トラックバック by 空想俳人日記 — 2007/2/13 火曜日 @ 12:12

    26. ディパーテッド

      公開中の映画「ディパーテッド」を観賞。監督はマーティン・スコセッシ。出演はレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンほか。香港映画の名作「インファナル・アフェア」のリメイクである。脚本の基盤はほぼそのままに、表向きの装いをアメリカナイズド…

      トラックバック by やまたくの音吐朗々Diary — 2007/2/22 木曜日 @ 22:49

    27. 「ディパーテッド」 緊張感が持続する150分

      香港映画「インファナル・アフェア」をマーティン・スコセッシがリメイクした作品です

      トラックバック by はらやんの映画徒然草 — 2007/3/11 日曜日 @ 18:56


    コメント

    1. むむ、ジュード・ロウ!
      それも面白いかもしれないですね~
      あの人、困ったときの顔でいえば「A.I.」の顔なんかよかったかも・・・ロボットなのに。

      コメント by kossy — 2007/1/26 金曜日 @ 17:38

    2. >kossyさん

      コメントありがとうございます!
      「A.I.」にジュード・ロウ出てたんですね。
      あの映画まだ観てないです。

      困った顔とか泣き顔とか観てみたいですね。
      やっぱタレ目の人がいいかな。
      ディカプリオもタレ目ではあるんですけどね。
      あんま泣く印象はない。。。

      コメント by Black Pepper — 2007/1/26 金曜日 @ 18:36

    3. こんにちは♪
      TBが上手く入らなくてすみません。
      ハリウッド版もすごく健闘していましたよね。
      でも、インファナルのもつ独特の空気には敵わなかったかなぁなんて。
      ジュードのファンとしては見てみたい気もしますが、彼はやっぱりあまりピストルが似合わないような気がするんです(笑)

      コメント by ミチ — 2007/1/28 日曜日 @ 18:10

    4. >ミチさん

      こんにちは! いやーとんでもないですよ。
      ぜんぜん気にしないでいいですから。

      >ハリウッド版もすごく健闘していましたよね。
      でも、インファナルのもつ独特の空気には敵わなかったかなぁなんて。

      「因縁」とか「業」「無間地獄」(笑)の概念ってやっぱり
      すごく東洋的な感覚なのかなぁと改めて感じました。
      ラストも勧善懲悪に変わってましたしね。そのあたり、かなり印象が変わります。

      >ジュードのファンとしては見てみたい気もしますが、彼はやっぱりあまりピストルが似合わないような気がするんです(笑)

      うーん、そうですか(笑)。
      優男がなやみ、苦しんでくところもなかなか見ごたえあるんじゃないかと思いますが(笑)。
      まぁ僕はトニー・レオン好きなんでこだわりすぎなのかも。

      コメント by Black Pepper — 2007/1/29 月曜日 @ 11:34

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>