ラテン・ジャズがここ2,3年好きで少しずつ集めてます。
けっこう涼しくなってきたけどこういうので
カクテルをいただけると気分もよさそうっす。

ヴィブラフォンの名手Cal Tjaderのライヴ・アルバムから。

Cal Tjader / Concerts in the Sun

Concerts in the Sun
Cal Tjader発売日 2002/11/12
売り上げランキング 378,125

Amazonで詳しく見るB000075A8G
リンク先で試聴もできます

Cal Tjader(vib)
Lonnie Hewitt(p)
Victor Venegas,Eddie Coleman(b) only4-6,10
Willie Bobo(ds)
Mongo Santamaria(congas,bongos)

1.Love for Sale
2.Goodbye
3.Raccoon Straits
4.Walkin’ With Wally
5.My Romance
6.Sigmund Stern Groove
7.Cubano Chant
8.Afro Blue
9.Tumbao
10.Day In - Day Out

1960年にハワイのワイキキとそれからサンタモニカでのライヴから選曲したアルバムだそう。
リマスタリングされてて特にリズムが強調されてます。

ライヴで曲紹介のMCが入っているところもいいし、
Love for Sale、My Romance、Cubano Chant、Afro Blueといった
ジャズ・スタンダードのアレンジも面白い。

Cal TjaderとピアノのLonnie Hewittのコンビネーションがなんとも気持ちいい。
軽くはねるような両者の動きはまさにラテン。
コンガ、ボンゴのMongo SantamariaやドラムのWillie Boboといった名手もきっちり盛り上げてくれる。

Sigmund Stern Groove、Tumbao、Day In - Day Out
なんかノリ最高ですね。
むちゃくちゃ気持ちいい。







関連記事(試験運用中)

  • Cal Tjader / Mambo With Tjader
  • 幡ヶ谷Heavy Sick / EXPRESSION(レポート)




  • コメント/トラックバック:2 個 »

    トラックバックURL: http://blackpepper.oops.jp/wp/archives/1114/trackback


    コメント

    1. どーも。あるぽです。
      実は僕もCal Tjaderのファンなんです。
      ヴィブラフォンの面白さを知ったのがこの人で、それまでライオネル・ハンプトン、ミルト・ジャクソン等のビッグネームを聞いてもあまりピンとこなかったんですね。

      躍動感あるプレイは最高です。

      コメント by あるぽ — 2004/10/15 金曜日 @ 14:13

    2. >あるぽさん

      コメントありがとうございます。

      Cal TjaderやDave Pikeが最近好きで。
      かなりCDだけでもアルバム多いんですがもうちょっと欲しいなと。

      軽やかで躍動感のあるプレイは最高です。
      フュージョンよりのもまた面白いですよ。

      コメント by Black Pepepr — 2004/10/17 日曜日 @ 9:20

    コメントをどうぞ

    コメント、トラックバックは確認後に表示されます。しばらくお待ちくださいね。

    段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。
    使用できる HTML タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>